就活で使用する履歴書の写真を撮る時のポイント | 新卒就活.com

2015/11/19更新

就活で使用する履歴書の写真を撮る時のポイント

就活で使用する履歴書写真を撮る時のポイントについてご紹介します。
就活する上で欠かせない履歴書ですが、特に需要なのは履歴書に貼る写真だと言えます。
そのため写真の髪型にも気を配る必要があり、履歴書の写真次第でその人の第一印象が決まってしまうこともあるといってよいでしょう。

履歴書の写真における髪型の最低限のマナーとは?

woman-67127_640
就活で必ず必要となるのが履歴書写真ですが、髪型にも基本となるポイントがあると言えます。
まず男女問わず基本となるのが髪型以前に髪色の問題です。
履歴書用の髪色は黒であることが基本中の基本となります。

~染めている場合は髪色を黒にすることから!~

いくら短髪で清潔感ある髪型にした場合でも、その髪色が金色だったり明るすぎる茶色だったりしてしまうと、その人の印象は非常に大きなマイナスになると言えます。
なぜなら、これから社会人としてやっていこうと考えているのには相応しくない髪色だからです。
特に金髪などで履歴書写真を写してそれを使用した場合、企業側の印象は言うまでもなく就職活動を軽んじていると判断します。
ですから髪形を考える前にまず髪色を黒にすることが先決だと言えます。

履歴書の写真に写す髪型のポイントは耳と額

就活で使用する履歴書写真の髪型ですが、ポイントとなるのは耳と額だと言えます。
これはどういうことかというと、耳が隠れている写真や額が完全に前髪で隠れている写真というのは就活出の印象があまり良くないといえるためです。
額が完全に隠れた髪型の場合は見た目の印象が暗い印象になりやすく、眉毛なども隠れるほど長い前髪の場合、更に印象が暗く感じられてしまいます。

~額と耳は出すことで清潔感のある印象を与えることができる!~

これは男性にも女性にも言えますので、履歴書写真を写す場合には必ず額を出すことが条件と言えます。
耳に関しても額同様に隠れていると野暮ったい印象になりやすいため、出来るだけ耳を見せることに注意をするほうが良いでしょう。
耳が見えていると、清潔感ある写真に見えます。
とくに髪の長い女性の場合は耳に髪をかけて耳が見えるようにするだけでも印象ががらりと変わると言えます。

履歴書の写真に写る髪型一つで印象が左右される!

就活では履歴書での写真が企業に初めて自分の顔を知ってもらうことになります。
そのため就活で企業側の第一印象は履歴書写真からのものであることが非常に多く、履歴書写真の髪型に関しても印象を決定付けることになる重要な要因となりえるものだと言えます。

~業種にあわせた髪型が必要!~

男性の場合は爽やかで清潔感あるショートヘアに整えれば印象も非常に良くなります。
基本的に男性よりも髪の長い女性の場合は、就活先にあわせた髪型で写真を写すということも必要になってくるでしょう。
また、公務員や銀行などの堅い業種の場合、髪を下げている髪型よりも上に髪をまとめたアップのほうが印象がよくなりますし、逆に近年増加しているベンチャー企業などの場合は堅い印象を与えるよりも、活発で出来る印象を与えるほうが印象が良くなる傾向が強いです。
要するに業種にあわせた髪型のチョイスが就活には必要なのです。

就活で使用する履歴書写真を撮る際は額と耳を出すようにして清潔感を出そう!

就活で使用する履歴書写真は第一印象を決めてしまう重要なものです。
まずは最低限、髪の色は黒く染めましょう。
写真を撮るときは額や耳を出す方が良い印象を当たることができます。
清潔感のある髪型。見た人に対してマイナスではなくプラスになる印象を与える髪型にすることが、写真で失敗しないためのポイントだといえるでしょう。