就活で内定獲得の時期を早める2つの必勝法 | 新卒就活.com

2016/09/01更新

就活で内定獲得の時期を早める2つの必勝法

就活で内定獲得の時期を早める2つの必勝法についてご紹介します。
今年から就職活動開始の時期が大幅に後ろ倒しになりました。
そのため、今まであった内定までのスケジュールが大幅に狂い、去年まで情報を参考にするのは無意味になりました。
ここでは内定時期を早める就活の仕方を説明します。

就活を終わらせて内定を獲得するためには??

paper-606649_640
就職活動は2016年度卒業する新卒生の代から、今まで数年の就活の時期が変わりました。
基本的には、3月から企業などが採用の情報解禁をし、8月から面接のが選考が始まり、8月か9月頃に内定を出すというスケジュールになっています。
ただ、このスケジュールに合わせないところもあり、今の就活は今まで以上に長期化となり、就活生にとっては精神的にも肉体的にも辛いものとなっています。

●8月より早く選考を始めている企業を受けること!

今の就活の必勝法としては、8月からの面接選考をする企業ばかり受けるのではなく、面接選考の時期が早いところを計画的に受けて内定を早い段階でもらっておくというのが良いです。
そうすれば、例え第一志望が8月以降に面接が始まるところであったとしても、心の余裕をもって臨むことができるからです。
ここで、内定を早めにもらえるコツを2つ紹介します。

内定獲得の時期を早める方法1,インターンシップに参加する

面接選考が8月以降でなければ開始できない企業は特に、その前から積極的にインターンシップを開催しています。
それは、「優秀な学生をインターンシップで見つけたい」という企業側の意図もあります。
インターンシップ参加のあと、直接内定に繋がるところがあるということです。

●就活が始まる3月以前にインターンシップを経験しておく!

インターンシップの開催時期は、どの企業も忙しい採用時期とかぶらない様に組んでいるので、参加者達にも余裕があります。
ただ、インターン参加者の中には、「このインターンを通して内定をもらおう」と思っている学生は少ないので、そこで企業にきちんとアピールをしていると必ず就活は成功します。
就活が始まると一般的にされている3月以前から、就活を強く意識してインターンシップなど意欲的に参加をしている学生は必ず余裕をもって就活に取り組めます。

内定獲得の時期を早める方法2,大手だけにとらわれないこと

就活をしていると、どうしても大手企業だけに絞っている学生が沢山います。
これが間違っているということではありませんが、大変危険かと思います。
大手でなくても、優良企業は沢山ありますし、自分がやりたいこと興味のあることができる場所、自分が成長できる場所は大手だけではありません。

●大手の選考は8月以降!他の企業の内定を持っていた方が安心

また、大手企業は選考面接が8月からスタートする所が多いです。よって、内定を出す時期も8月以降ということです。
それでも「行きたい所が大手だ」または、「大手に行きたい」というのであれば、それらの選考前に、他の少しでも興味のある企業を受けておくのが良いです。
そこから、内定がもらえれば、余裕をもって本命に臨めます。
また、内定がもらえなくとも本命が始まる時期以前に面接などの練習を重ねておくことで就活を成功させることができます。

就活で内定をもらえる時期を早める2つの必勝法まとめ

このように、インターンシップに積極的に参加することと、大手でない企業を受けることが、内定を早くもらえることに繋がります。
つまり、今の就活を成功させる必勝法です。
今の就活は今まで以上に、企業によって選考時期にばらつきがあり、内定をもらえる時期も人によってかなり違ってきます。
「周りの人が内定をもらっているのに自分はもらえていない」と焦らないためにも、早く内定をもらっておくことが本当にポイントとなってきます。
就活の時期が暑い季節にかぶり、スーツを着ているのが辛い時もありますが、心に余裕をもって、自分に自信をもってこれからの人生を決める就職活動を成功させて欲しいと思っています。