就活で効果的なアピールポイントの書き方 | 新卒就活.com

2016/09/20更新

就活で効果的なアピールポイントの書き方

就活では、アピールポイントをいかに効果的に、好印象に書いていくかという書き方がとても大切になります。
しかし、そのためにどういう書き方をすべきかということはわかっていない方も多いです。
そこでここでは、就活で効果的なアピールポイントの書き方を紹介します。

アピールポイントの書き方1,まずは結論から

workstation-923167_640
アピールポイントといってもいろいろありますよね。
たとえばいつも笑顔でいるということだってアピールポイントですし、自発的になんでも勉強したがるというところもアピールポイントになります。
やろうと思えばどんなところもアピールポイントになるのです。
しかし、就活において効果的にアピールするためのアピールポイントは、仕事で活きるものでないとなりません。

~結論をはじめにもってくることが重要!~

そういうものを見つけて、まずいきなりそれを「私のアピールポイントはこれです。」という書き方で紹介していってください。
最初に結論から記載していくことで、構成的にそこから先の文章がとても読みやすくなります。
ですから、まずは最初に結論を記載するという書き方にしていきましょう。

アピールポイントの書き方2,証明するエピソードを書く

そうしてアピールポイントを最初に記載するという書き方でアピールポイントを書きはじめたら、次にはそれを自分が持っていることを証明できるエピソードを記載していきます。
「こんな場面でこんなふうにして解決できた。だから自分はその能力があると思った」というような書き方でアピールポイントを証明しないと、本当にその能力があるか、分かりませんよね。

~根拠を明確する必要がある!~

だからこうして根拠となるエピソードで証明するということは、必須です。
ここの部分がないと、どうしても良いアピールとはならないでしょう。
あるかどうかわからない能力なんて、ないのと同じことです。
確実に自分がそれを持っているということを証明するためにも、必ずエピソードは記載するようにしていきましょう。

アピールポイントの書き方3,仕事への活かし方を述べる

そうしてアピールポイントと、そのアピールポイントを自分が持っていることを証明するエピソードが書けたらそこから、そのアピールポイントを具体的に仕事のどこで活かすかということを記載していくことです。
仕事で活かせる点をアピールポイントとして選び、それを記載しているはずですから、ここの点はさして難しいことはないでしょう。

~自分が働いている姿を相手に想像させるような書き方がポイント~

最後にそれを示すという書き方をすることで、働くイメージができていることをアピールするのと同時に、相手にも働いている自分の姿をイメージさせることができます。
そうしたイメージができれば自然と一緒に働いてみたいと思うようになるものです。ですから、アピールポイントの書き方として、かならず最後にこうしてそのアピールポイントの具体的な仕事への活かし方を記載するという書き方をしていってください。

アピールポイントの書き方はまずは結論から!根拠となるエピソードは後付けしよう!

以上、就活で効果的なアピールポイントの書き方のご紹介でした。
就活とは自分を売りこむことです。つまりアピールする必要があります。
就活では効果的に自分をアピールできる人が強いです。
ですからここで紹介してきた効果的なアピールポイントの書き方を参考に、効果的な良いアピールが出来る人になっていってください。