就活で好印象を与える髪型を作るコツ | 新卒就活.com

2015/12/02更新

就活で好印象を与える髪型を作るコツ

就活で好印象を与える髪型を作るコツをご紹介します。
就活では、第一印象を良くするということがとても重要になります。
それは、質問に対する良い回答を用意していくのと同じくらいに大切なことなのです。
そんな第一印象を良くするためには、身だしなみの一部である髪型を整えることが必要です。

就活で好印象を与える髪型の作り方1,おでこを出す

hair-791295_960_720
おでこをだすか否かということで、人の印象は大きく変わっていきます。
それは就活においても同じことです。
おでこは、出すと明るい印象になり、見せないようにするといささか落ち着いた、冷静な印象を与えることが出来るようになります。
就活で好印象を与えるのは、多くの場合で前者です。
ですから、就活で好印象を与える髪型をしたいと思ったら、なるべくおでこをだすようにすると良いでしょう。

●アップにするか短くカットするのが望ましい

おでこをだすやり方も、いくつか方法があります。
まず一つはシンプルに前髪をアップにすること。もう一つは、前髪をサイドに流したりする髪型。
さらに、前髪がおでこの半分くらいになるように短くカットするという方法もあります。
前髪を流すとなるとちょっと長すぎるので、就活には向きません。アップにするか、短くカットするというのが、理想でしょう。

就活で好印象を与える髪型の作り方2,耳を出す

耳に髪がかかるというのも、就活では印象が良くありません。
ですから、耳に髪がかからないような髪型にしていくことが必要になります。
耳に髪がかからない髪型といっても、ただ単に髪を耳の後ろに流したりすれば良いというわけではありません。
それでは、耳にかかっているのと同じように見えて、好印象とはならないでしょう。
ですから、就活で好印象を与えようと思ったら、耳にかからないような長さにカットしましょう。

●耳が出すことで全体的に明るくなり表情豊かに見える!

耳が出ていると、清潔感がぐっと上がって見えます。
さらに、耳をだすことにより全体的に印象が明るくなり、表情豊かに見えるようになるということもあるのです。
そうしていい効果が生まれるので、就活で好印象を与えることが出来るのです。

就活で好印象を与える髪型の作り方3,整髪料を少なめにする

整髪料をあまりつけないようにするということも大切です。
整髪料でベタベタに見える髪型では到底就活では好印象を与えることができません。
たくさん整髪料をつけることにより、自然と髪の毛にツヤが生まれますよね。
そのツヤがあまり好印象を与えないのです。

ですから、ツヤが生まれないように、なるべく整髪料は少なめにしないとならないのです。

●整髪料をつけることによって出るツヤは印象を悪くする

それならば整髪料をつけなければ、就活で好印象を与える髪型が出来るのか、と思う方もいるかもしれませんが、そんなこともありません。
現代のヘアカットはほとんどが整髪料をつけることを基本として行われますから、それなしではボサボサになったりして逆に印象が悪くなるでしょう。
適度に整髪料をつけて整えることも大切なのです。

就活中はおでこと耳を出した髪型で清潔感をアピール!

以上、就活で好印象になる髪型を作るコツのご紹介でした。
こうして作っていけば、就活でも第一印象から好印象を与えられるような髪型ができていくことでしょう。
清潔感があり、フレッシュで明るい印象を与えられるように意識していってください。