就活で絶対に役立つ自己分析のやり方 | 新卒就活.com

2016/01/05更新

就活で絶対に役立つ自己分析のやり方

就活で役に立つ自己分析のやり方を紹介します。
自己分析というのは、就活に役立ちます。例えば長所・短所などを見つけるときなど必要です。
ですから、すべての就活生が等しくトライするものなのです。
就活で必ず必要になってくる自己分析のやり方を以下でみていきましょう。

就活に必須!自己分析のやり方1,自分の年表をつくる

feet-1024986_960_720
就活で役立ち自己分析のやり方として、まず最初に取り組むべきは、自分の年表をつくることです。
自分の年表をつくることで、自然と自分がここまでどういう人生をあゆみ、どんな出来事があったのかということが分かるようになっていきます。
それが分かれば、自分の今をつくっているのが何かが分かるようになり、自己分析がすごくしやすくなるのです。

●年表に付随するエピソードも書いていくとわかりやすい

そこに書くべきは出来事だけではありません。就活でその自己分析を役立たせるためには、そこにはエピソードも書いていく必要があります。
この時こんなことがあったということを書いたら、そこではこんな苦労があって、こんな風に努力して工夫して解決したというやり方でエピソードを書いていくと、書きやすいでしょう。

就活に必須!自己分析のやり方2,自分の性格を箇条書きにする

それをやったら次には自分の性格を箇条書きにしていくというのが自己分析のやり方です。
性格をたくさん書いていくと、自然と自分の短所や長所も思い浮かぶようになります。さらに自分が何を好きで何が嫌いか、自分は何が得意で何かが苦手かということなどがどんどんわかるようになるでしょう。
ですから、就活で役立つ自己分析のやり方として、自分の性格を箇条書きにするということが挙げられるのです。

●性格の根拠を年表から探す

そうして箇条書きにしたら、次にはその性格の根拠を年表から探すようにしてください。
この時こんなことがあったからこんな性格になったのだろうということを探して、一つ一つ記載していくのです。
そうするとより性格に信憑性がでてきて、就活の面接でも話しやすくなります。必ずきっかけや根拠はあるので、探してみてください。

就活に必須!自己分析のやり方3,何がしたいもか考える

あとはそれらの年表や性格を見ながら、何がしたいのかを考えるのです。
こんなことをこの時に頑張れたからそれを活かしたいと思う方もいるでしょうし、こんなことがあってこんな性格だから、その性格が活きる仕事をしたいと思う方もいるでしょう。
活かしたいことは人それぞれでしょうが、何を活かしたいかを、それらを見ながらじっくり考えるというのが、就活で活かせる自己分析のやり方です。

●職業ではなく仕事という枠でやりたいことを考えよう!

何がしたいのかというのは、何も職業に限ったことではありません。
職業で絞ってしまうのではなく、「抽象的にこういう仕事」と抜き出していくことが大切です。
職業はそれから探していけば良いのです。
就活の自己分析では、絞ってしまうやり方よりもある程度軸を作るというやり方が適切なので、軸だけを作るようにしていきましょう。

自己分析は自分の年表を作成して性格や強みを抜き出す方法が効果的!

以上、就活で役に立つ自己分析のやり方のご紹介でした。
これらのやり方で就活に活かせる自己分析をつくっていくためには、時間もかかります。
ですから焦って自己分析を使用とするのではなく、じっくりと時間をかけるように意識していきましょう。