就活におけるインターンシップの目的とは | 新卒就活.com

2016/08/29更新

就活におけるインターンシップの目的とは

就活におけるインターンシップの目的をお教えします。

なぜみんなインターンシップに参加するのか?そのメリットとは?目的は?と悩む就活生も多いですよね。

是非、インターンシップの目的を知って、就職活動をライバルよりもリードしましょう。ぜひ、参考にしてくださいね。

インターンシップの目的1,理想と現実の差を埋める

AL101_natuin0120140830001500
インターンシップとは、学生が企業の中で研修生として実際に働くことで、「就業体験」を得ることができる、という制度です。

実際の所、自分の目指す業界や企業について、いくら資料を読んで調べたとしても、その想像と現実の差を埋めることはできません。その結果、憧れの企業に入社しても、すぐにイメージとのギャップに苦しんで辞めることになってしまっては、学生にとっても企業にとっても不幸です。

◆インターンシップをして自分の理想やイメージを修正しよう◆

「百聞は一見にしかず」というわけで、まず実際に働いてみて、仕事の内容や職場の状況を理解し、自分の中の理想やイメージを修正する、というのがこの制度の本来の目的です。

しかし、これ以外の目的でインターンシップに参加してはいけない、ということはありません。

インターンシップの目的2,自分に合った仕事を見つける

たとえば、特に目指している業界や企業のインターンシップではないが、いろいろな仕事を経験することで自分を成長させたい、ということも立派な目的です。

逆に、「この企業ではインターンシップに参加した方が採用されやすい」という理由で参加するのも、あまり胸を張れる目的とは言えないものの、就活という激しい競争の中では一つの戦略として許されるでしょう。とはいえ、「インターンシップにさえ参加すれば大丈夫」などという企業はありませんから、あまりその効果に期待するのは危険です。

◆沢山のインターンシップに参加するのは大事!!◆

また、そもそも目指す目標が無い、どんな仕事をすれば良いのか決めかねている、という場合に、自分に合った仕事を探すためにできるだけ多くのインターンシップに参加する、ということも考えられます。”

インターンシップの形式を自分の目的に合わせて選ぼう!!

このように、インターンシップの目的は人それぞれ、実に多様なわけですが、一つ気をつけたいのは、一口にインターンシップと言っても、決まった形式があるわけではない、ということです。

開催する企業により、時期も期間も違いますし、かなり実際の仕事内容に近いことをさせてくれる所もあれば、仕事の説明の時間が多く、肝心の就業体験はごく短時間、という所もあります。

◆短期間から長期間まで様々なコースがある!!事前に綿密に調べる事◆

その企業についてじっくり知りたい、という目的があるならば、期間が数日でほとんど仕事らしいことはさせてもらえない、という形式では不満に思うでしょう。

一部の企業ではいくつかのコースから選べる場合もありますが、そうした選択肢が無い場合には、本命でない企業だとしても、自分が望む形式のインターンシップを同じ業界から探して参加する、という手もあります。

インターンシップには自分なりの目的を持って参加することが大切!事前準備をしっかりと

インターンシップは学生時代にアルバイトとはひと味違う就業体験ができる、貴重な機会ですから、「みんながやっているから自分もやった方が良いかな」と、特に目的も無く参加し何も得られずに終わってしまう、という事態は避けたいものです。

その途中で何かを得られる可能性もありますから、参加しないよりはマシですが、できることなら、あらかじめ自分なりの目的を考えて参加することを心がけましょう。

その際には、本命の企業のインターンシップではその目的が果たせそうにないと思えたなら、同じ業界の別の企業のインターンシップの内容を調べてみる、といった柔軟性も必要です。