就活におけるカラーについての考え方 | 新卒就活.com

2015/11/19更新

就活におけるカラーについての考え方

就活を行なう場合に非常に重要になるのがカラーです。
カラーといっても髪の色、スーツの色など様々なカラーがあります。
それら全てが就職活動における大きなポイントとなっているため、カラーに関しては非常に注意が必要です。
就活におけるカラーについての考え方を以下でみていきましょう。

就活におけるカラーとは??

clothespins-43231_640
就活におけるカラーとは、頭のてっぺんから足の先までの全てのカラーのことを指すと言えます。
そのため髪色、スーツの色、靴の色など就活を行なう際には全てのカラーに対し常に気を配り続ける必要があります。
何故なら、就活でのカラーは印象を決定付けるものであると共に、カラーのチョイスを間違えた場合には就活に大きな影響を与えてしまうことになるためです。

~カラーは就活生の第一印象を決定付けるもの!~

そのため就活を始める前にまず自分自身をしっかり分析する必要があります。
どのようなカラーであれば就活の際にマイナス要素にならないのかをしっかりと理解することが重要です。
まずは髪のカラーから確認をすると良いといえるでしょう。

就活における髪のカラーとは??

就活におけるカラーで特に髪色に関しては昔も今も非常に厳しいと言えます。
近年では髪色を茶色などにすることは当たり前の時代となっていますが、こと就活に関してはこの当たり前と思っていることが一切通用しないと言えます。そのため茶髪などの髪色での就活は、茶髪などのカラーにしていることが問題なだけでなく、その状態で就活をしているということ自体が問題視されてしまいます。

~社会人になるという意識が大切!髪のカラーは黒が常識~

基本的にこれから社会人になるという場合、会社で働くという意識をしっかりと持っておく必要があります。
ですから、茶髪での就活は企業に対してマイナスイメージしか与えないと言えます。
特に男性の場合は茶髪などの黒髪以外のカラーに対して嫌悪感が強いと言えますので、就活を行なう前に必ず黒髪に戻すことが必要になります。
もちろん履歴書の写真も黒髪で撮影するのを忘れないようにしましょう。

就活におけるスーツのカラーとは??

就活におけるカラー問題では、スーツのカラーも非常に重要になると言えます。
基本的に就活で使用してよいといわれるスーツのカラーは、男性の場合は濃紺か黒、女性の場合は濃紺、黒、グレーあたりが就活でのスーツカラーの基本となります。
そのためこの基本を大きく逸脱したカラーのスーツの着用はマイナスイメージにはなりますが、決してプラスには働かないと考える必要があります。

~表面上ではなく自分自身のカラーをアピールすること!ー~

時々スーツで目立とうとする就活生がいますが、目立つのであればスーツのカラーではなく、自分自身のカラーを前面に押し出して、中身で勝負をすることが就活では重要だと言えます。
要するに表面上のカラーではなく、中身である自分の色をいかに出せるかが就活では必要になるといえるでしょう。
そのため表面上のスーツなどは基本となる黒や濃紺、女性ならグレーなどのカラーをチョイスし、あとは面接などで自分のカラーを存分に企業にアピールすると良いでしょう。

就活では表面上のカラーではなくいかに中身の個性をアピールできるのかがポイント!

以上、就活におけるカラーについてご紹介しました。
就活でのカラー問題は髪色やスーツといった見た目のカラーと、自分の中身をアピールするという自分色のカラーの2つが重要になると言えます。
そのためカラーの意味を勘違いしなようにすることも就活生には求められるといえるでしょう。