就活における内定数の考え方について | 新卒就活.com

2016/08/04更新

就活における内定数の考え方について

就活における内定数の考え方についてご紹介します。
就活が進んでくると内定が決まったと言う話や、内定数の話など具体的な話が出てきて他人と比較してしまうのはよくあることです。
しかし、重要なのは中身であり、数はあくまで目安でしかないことに注意が必要と言えます。

就活における内定数の考え方1,重要なのは本命

basketball-768713_640
就活において内定数は大きな意味を持ち、就活生の間でも話題にあがりやすいものです。
多い人もいる一方で、全く内定がもらえない人も一定数以上います。特にネットで情報収集をしていると多くの情報が出ていますが、その信憑性を確かめることは難しいため、あまり気にする必要もないと言えます。

~内定数が増えても次に内定がとれるとは限らない~

内定数が増えると言うことは、決め手になる企業から内定をもらえていないと言うことでもあり、自分が働きたい企業に受かっているとは限らないのです。
重要なのは本命に受かるかどうかであり、本命がないのならば条件で決めてしまう方法もあります。
内定数が多くても、次も内定が取れるとは限らないため、常に真剣に挑む必要性もあります。

就活における内定数の考え方2,業界によって変動する

年によって好不況の波があるため、採用人数にも大きな差が出る場合もありますが、多くの学生の就活は、十数社の企業を受けて内定数は1つか2つと言うデータもあります。これはあくまで平均値であるため、実際にはもっと格差があると言われています。
しかし、卒業までに一社でも内定を受けられればそのまま就職活動を終えてしまうケースも多く、それだけハードルが高いと言うこともうかがえます。

~10社に対して内定2つぐらいが平均値~

また、自分が希望する職種では内定をもらえず、全く別の職種では多くの内定をもらえるケースもある等、志望する業界によっても内定数が大きく変わる場合もあります。
内定数が明らかに違う業界があれば、自分の適性が透けて見えることもあります。
その場合は就活の優先順位を変えてしまうのも一つの方法です。

就活における内定数の考え方3,適性に合わせた企業選びも必要

就活は自分のやりたい仕事ではなく、適性に合わせた業界や企業を選ぶと言う方法もあります。
また、あまり人気のない職種や、希望者が少ない企業はその分内定率も上がります。
この場合の考え方は内定数を稼いで、その中から条件のいい企業を選ぶ形になります。
内定数自体は重要ではなく、選択肢が増えることが重要と言えます。

~内定数を稼いで条件のいい企業を選ぶのも手~

就活の中で内定の数を自慢する人は、そういった受かる確率の高い企業を受けているとも考えられるのです。
もちろん、数自慢をしたところで、それから先の自分の人生が幸福でなければ一時の栄光になってしまいます。
チャンスを逃さないためにも、企業の内容や待遇をしっかりと見極め、自分に合った企業を選ぶことが重要と言えます。

就活における内定数は重要視するものではない!現在ではなく未来の自分の姿を考える

就活の方法は様々で、自分のやりたい仕事をひたすら目指す方法や、内定率や内定数を重視し、その中から職場を選ぶと言う方法もあります。
どちらが正しいかは問題ではなく、自分に合った企業で働けるかの方が重要と言えます。
内定数はあまり重要ではなく、最終的に働き始めて自分が納得できるかが重要なのです。