就活における合説の利用方法とは | 新卒就活.com

2016/09/14更新

就活における合説の利用方法とは

就活における合説の利用方法についてご紹介します。
就活にとって重要なのは情報です。
合説は就活生にとって命取りにもなる情報が一か所に大量に集まる、まさに情報の宝があります。
ですから就活において合説に参加することは、就職先の視野を広げることにもつながります。ですからぜひ参してみましょう。

就活における合説の利用方法1,情報収集

PAKS_bigsite1firiguchi-thumb-1000xauto-15455
就活において企業の説明会に参加して情報を得ることは非常に重要で、情報を得られなければまともな就活が送れないと考えたほうが良いと言えます。
しかし企業ごとの説明会は場所も日時もバラバラなため、一度に同じ業種の企業の情報を集めることが難しく、どうしても無駄な時間を過ごしてしまいがちになります。

~合説は効率的に情報を集めることが可能!~

そんな場合には合説に参加することで、効率よく企業の情報を収集することが可能となります。
合説とは企業合同説明会の略で、様々な企業が集まり一つの会場で企業の情報や仕事の内容などを聞くことが出来ます。
そのため合説に参加すれば、無駄なく情報収集が出来るということになります。

就活における合説の利用方法2,目的を持つ

就活で合説に参加する場合の心構えとしては、とりあえず参加してみると言うことは避けると言うことです。
とりあえず参加した場合、明確な意図が無いわけですから、ただ企業のブースをくるくる回っていつの間にか終了していたと言うことにもなりかねません。

~決めた企業のブースを訪ねるなど目的を持って参加すること!~

自分の目的の業種の企業を重点的に回るとか、決めた企業のブースに行き時間をかけて話をすると言ったように目的をもって就活を行わないと、せっかくの合説であっても時間の無駄になる場合があります。
そのため友人も参加するからとりあえず自分も参加すると言った気持ちでの参加は、全く意味が無いと言っても良いでしょう。

就活における合説の利用方法3,不安や疑問を払拭する

就活で合説に参加できた場合、物おじせずに自分の聞きたいこと、知りたいことを企業の担当者に聞くべきだと言えます。
合説の場合、本格的な企業説明会よりも気軽に参加できる雰囲気がありますし、それでいて企業の担当者が勢ぞろいしているわけですから質問をして聞きたいことを聞き、疑問を解決するには打って付けの場所だと言えるわけです。

~合説では気軽に応じてくれる担当者が多い!積極的に質問すべし!~

1社ごとの本格的な説明会となると、なかなか踏み込んで聞けないような情報も、合説であれば担当者も気軽に答えてくれる場合が多いため、就活で合説に参加するのであれば質問をしないのは非常に勿体ないと言えます。

就活で合説を利用する際は目的意識を持って参加しよう!

就活で合説に参加する場合、幾ら気軽に参加できるといっても周りの参加者は全てライバルとなり得るわけですから、やはり心の中では気を緩めずに気を引き締めて参加する必要があります。
企業の中に合説のような気軽に参加できる就活イベントでも、参加者をきちんとチェックしていますし、説明会に参加してその場で企業が気に入った参加者には個別に採用試験を受けてみないかといった誘いがある場合もあります。
そのため合説といえどもすでに就活はスタートしていることを忘れず、自分をアピールできる場合はしっかりとアピールしたほうが良いでしょう。