就活における学校推薦のメリットとデメリット | 新卒就活.com

2016/09/14更新

就活における学校推薦のメリットとデメリット

就活における学校推薦のメリットとデメリットをご存知でしょうか?
一般的な就職活動は自由応募と呼ばれています。
一方で優秀な成績を収めた学生の就活を学校がバックアップしてくれる学校推薦というものがあります。
ここでは就活における学校推薦のメリットとデメリットをご紹介します。

学校推薦を就活に利用する意義とは?

spectrum-113364_640
就活は自由応募で自分の好きな企業へエントリーをするのが一般的ですが、この場合何の後ろだけも無いため自分の能力で勝負をする必要が出てきます。
人気の企業などは競争率も激しいため、簡単には内定を貰えないのも自由応募の特徴だと言えます。

●学校推薦での就活は自由応募よりもはるかに内定率が高くなる!

しかし進むべき方向性が決まっている場合には、自由応募ではなく学校からの推薦で試験を受けることが出来る学校推薦という選択肢もあります。
この学校推薦での就活は自由応募よりもはるかに内定率が高くなるというメリットがありますし、学校側がこの人材は良いですよと企業に進めているため、企業も採用での失敗が少なくなるという両方にメリットがある就活方法だと言えます。

学校推薦を利用するメリットとは?

就活で学校推薦を利用する最大のメリットは、自由応募のように焦らなくても就活が行えると言うことです。
学校推薦の場合推薦枠が決まっていますし、自由応募のようなエントリーも必要ないため、就活を落ち着いて行えると言うメリットがあります。
もちろん学校推薦を勝ち取るためには成績優秀で学校側が推薦しても良いと思える人間でなければだめですから、そこにたどり着くまでの努力は必要となるでしょう。

●学校推薦をもらえれば内定率は大幅にアップ!

しかし一旦学校推薦を貰えれば内定率は大幅にアップしますし、学校と企業とのパイプが強ければ強いほど採用の可能性も高くなります。
出来るだけリスクなく就活を行いたい人は学校推薦を利用すると良いでしょう。

学校推薦を利用するデメリット

就活で学校推薦を利用すると自由応募よりも内定を貰い易くなりますし、別枠での面接や試験となるためかなり優遇された就活をおくることが可能となります。
しかしこの学校推薦にはデメリットも存在しているため、そのデメリットを把握しておかないと自分だけではなく色々な人に迷惑をかけてしまうことになります。
まず学校推薦で内定が決まった場合には簡単には内定辞退は出来ないと考えるべきでしょう。
学校推薦が学校側が企業へこの人はどうですかと勧めてくれているわけですから、学校推薦で内定が決まった後にそれを辞退してしまうと学校側に多大な迷惑をかけることになります。

●内定辞退が不可能!入社後も学校の名を背負っていくことになる

企業と学校の結びつきが強ければ強いほどその迷惑は計り知れないものとなる恐れもあります。
内定辞退をせずそのまま就職した場合でも、すぐに辞めるということも出来ないと考えたほうが良いでしょう。
自由応募と違い学校推薦はそれだけ学校側の期待も背負って試験を受けているわけですし、企業側も期待して採用しているわけですから、自由応募とは立場が違うと認識する必要があると言えます。

就活で学校推薦を利用すると内定が貰える確率が高くなる!

就活で学校推薦を利用した場合、確かに通常の就活よりも学校推薦のほうが内定率は圧倒的に高くなります。
しかし内定率が高くなるだけで100%確実に内定がもらえると言うことではありません。
学校推薦の場合でも採用されないケースは多々あります。
ですから学校推薦だから安心と高をくくっていると、面接で失敗して不採用という結果になる可能性もあるわけです。
そのため学校推薦であっても通常の就活同様、気を引き締めて自分の持っている能力を全てつぎ込む覚悟で就活に臨む必要があると言えます。どのような方法にも絶対はありえませんから、気を引き締めて臨みましょう。