就活に成功するための会社の選び方 | 新卒就活.com

2016/09/15更新

就活に成功するための会社の選び方

いよいよ就活を開始する時は、就職できるだろうかと不安が募って心に余裕がなくなるものです。
しかしそんな気持ちの中でも、就活の第一歩である会社選びは、慎重に行いたいものです。

就活における会社選びのポイント1,適性テストを受ける

puzzle-210785_1280

就活に際して、やりたい仕事がある場合や経験を活かしたい場合には、会社を選びやすいものです。
しかし選ぶ観点が漠然としている人もいるでしょう。
そんな時は、やりたい仕事自体が定まっていないケースがあります。
就活の段階で今一度、自分の適性を見つめ直してみると良いでしょう。

~就職後のミスマッチを防ぐためにも自分の適性を知ろう!~

適正テストや性格診断などに気軽にトライしてみるのも良いでしょう。
意外にも仕事や会社を選ぶヒントが見つかるかもしれません。
自分に適した仕事と言うものは能力が発揮しやすく、結果的に就職の成功に繋がります。
仕事の方向性が決まっている人でも、会社によって規模や体質が大きく異なるため、会社選びに際して自分の適正を知ることは重要です。
例えば、大きな組織で安定して働くのが適した人もいれば、小さなところで幅広い仕事に携わるのが適した人もいます。
適正を知って会社を選べば、就職後に困る事も少ないと言えるでしょう。

就活における会社選びのポイント2,はバランスが肝心

就活の厳しい状況に焦り、手当たり次第に応募するのは避けたいものです。
就活の段階で自分の気持ちが定まらず、やみくもに会社を選んで応募すると書類審査や面接に通らない悪循環が生まれやすいものです。
また会社の条件ばかりに囚われたり、あるいは自分の興味ばかりに走るのも問題です。
会社を選ぶポイントは、魅力や興味を感じたと言う理由を一番に考え、同時に条件も冷静に判断するバランス感覚が重要です。魅力を感じた会社でも、給与や労働条件に問題があっては長続きしません。逆に待遇がよい会社

~魅力と条件を冷静に判断できるバランス力が重要~

でも、仕事内容に興味が持てない場合や適性でない仕事の場合も、長続きし難いものです。
条件と興味のどちらにも気を配るのが基本です。し
かし状況によっては、どちらかに主軸を置くような柔軟な対応が必要な場合もあります。
そのようなケースでは、できれば自分の適性や興味に主軸を置いた選択の方が、仕事は長続きしやすいでしょう。

就活における会社選びのポイント3,会社選びの段階ではスタンスを広めに

就活の会社選びに際しては、自分の適性や気持ちを確認して慎重に選ぶ必要がありますが、この段階では少しでも興味があれば、応募しておくような広めのスタンスが有効と言えます。

~会社選びは柔軟性のある気持ち・広めのスタンスが重要~

と言うのは、情報だけで会社の全てが分かる訳ではないからです。
面接で実際にその会社に赴いて社風を感じたり、採用担当の方と話をして会社の姿勢などを知る事で、会社に対する印象が変わる可能性があるからです。
会社情報では何となく興味があっただけのところでも、実際に採用担当の方と話をして、どうしても入社したくなるような魅力を感じる事もあるものです。
就活する中で自分の気持ちが変化する事もありますから、会社選びは柔軟性のある気持ちを持ち、選ぶスタンスを広めにして取り組むのが有効でしょう。

就活のおける企業選びは自分の適性を考慮することが重要!

就活の中でも、会社選びは大きなポイントと言えます。
焦る気持ちや募る不安を抑えて、まずは自分の適性や興味をしっかり確認しましょう。
その上で会社の諸条件にも気を配り、気になる会社をしっかり選びましょう。
焦らずに気持ちに余裕を持って適切な会社選び、就活を就職の成功へと導きましょう。