就活に相応しいヘアースタイルとそのポイント | 新卒就活.com

2016/08/04更新

就活に相応しいヘアースタイルとそのポイント

就活に相応しいヘアースタイルとそのポイントをご紹介します。
きちんと表情を見てもらうために、髪が顔にかからないすっきりとした清潔感のあるヘアスタイルに整えてください。
男性は清潔感のある短めのヘアスタイル、女性は髪を結んだり顔に髪がかからないような工夫が大切です。

就活中の男性のヘアスタイルのポイント

clips-515516_960_720
男性のヘアスタイルで気を付けたいのが長髪です。
色も自然に寝グセなどないように、清潔感のあるヘアスタイルにしましょう。
眉毛に前髪がかからないことも大切ですが、髪を立てるのは良くありません。整髪料は使用してもいいのですが、自然な感じに仕上がるもので、香りの強いものや光沢の出るものは避けてください。
また、もみ上げなどもあまり長すぎないように注意しましょう。

●清潔感のある短髪がベスト!耳に髪がかからないよう整える

何よりも大切なのは「清潔感」です。
短髪のすっきりしたヘアスタイルは、就活の面接時に人事担当者に良い印象を与えます。
耳に髪がかからないようサイドも短く整えましょう。
バックもシャツの襟にかからないのがベストです。
自然な清潔感を目指ざして、無精ひげのないようにすること。そしてやはり短髪の黒髪が就活にはおすすめです。

就活中の女性のヘアスタイルのポイント

髪の長い女性は、必ずひとつに結んでまとめます。
その結ぶ位置は、目の高さに結び目がくるようにすると、健康的で明るい印象となります。
無造作に束ねたり、高い位置にまとめたり、ほつれ毛をたらすようなヘアスタイルはカジュアルな雰囲気になってしまうので就活には向きません。
束ねるほどの長さがないときは無理に結ぶ必要はありませんが、顔に髪がかからないようにサイドの髪は耳にかけるなどしましょう。

●顔が隠れないようにへスタイルを整えること!

風が吹いたりお辞儀をしたときなどでも、顔が隠れないようにヘアスタイルを整えるのが就活の面接時には大切です。
また、巻き髪などは避けましょう。
仕事をするための面接ですので、盛り髪は必要ありません。清潔感と健康的な印象が大切になります。

就活での女性の前髪をセットする際の注意点

前髪は目にかからないようにスッキリと整えてください。
目にかかるようなヘアスタイルは、就活のときは面接官に暗い印象を与えてしまう可能性があります。
また表情もよく見えないという点でもよくありません。

●流した前髪をピンでとめるのは幼い印象を与えてしまうのでNG!

サイドにスッキリと流すようなヘアスタイルが就活には向いています。
ただし、流した前髪をピンで留めるのは、幼い印象になりますので避けてください。
人事担当者や年配の方はそういったスタイルは好みません。
仕事をしてもらう人を選ぶための時間ですから、幼い印象を与えると仕事ができないのではないか?と捉えられてしまうかも知れません。
髪型で損をしないように、あくまでも大人の女性でフレッシュな清潔感のあるヘアスタイルがよいでしょう。

就活中のヘアスタイルでは清潔感が一番大事なポイント

就活は仕事をするための活動です。
カジュアルな感じではいけません。
きちんとした印象を与えるためには、とにもかくにも清潔感が一番大事なポイントです。
髪が痛んで色がムラになっているのであれば、暗い色に染めることも大切です。スーツの似合うフレッシュなヘアスタイルを心がけましょう。