就活生にふさわしい髪のまとめ方と注意点3つ | 新卒就活.com

2016/02/12更新

就活生にふさわしい髪のまとめ方と注意点3つ

就活に相応しい髪のまとめ方と気をつけたいポイントをご紹介します。
就活で重要な第一印象ですが、見た目で8割が決まってしまいます。
ですから就活では身なりだけでなく、髪型にも気を配る必要があります。
せっかく面接で話す内容が充実していても、第一印象が悪かったら意味がありません。そうならないためにも以下でポイントを押さえておきましょう。

就活に相応しい髪のまとめ方1,前髪は流す

woman-586185_640
まずは前髪のまとめ方について考えていきましょう。
前髪は、顔の印象を決める最重要ポイント。
前髪が決まっていないと、全体的にだらしない印象を与えてしまう恐れがあります。
ですから前髪は就活の前から伸ばして、斜めにセットして眉毛は隠さないようにするのがまとめ方のポイントです。

~前髪を眉毛の上まで短く切ってしまうのもオススメ~

しかし中にはおでこはなるべく隠して、どうしても前髪を伸ばしたくないという人もいるでしょう。
その場合のまとめ方は前髪を眉毛の上まで短く切るのをオススメします。短い前髪は、ハツラツとして活動的な印象になるので、営業志望の女子学生にはオススメしたい就活ヘアです。
前髪には、軽くワックスをつけて、アホ毛が飛び出さないようにしましょう。

就活に相応しい髪のまとめ方2,後ろ髪はワックスで整える

次は、就活生がしておきたい後ろ髪のまとめ方についてです。
後ろ髪も、短い人は就活の前にある程度伸ばしておきましょう。肩につく以上の長さがあると、縛った時に美しいシルエットが作れますよ。
まず、全体にワックスをうっすらつけて、アホ毛を抑えて、縛りやすくします。
そして、耳から斜め上くらいのところで、縛ります。
飾りゴムは、企業にもよりますが黒かブラウンがベスト。受けるところによっては、就活中も黒いリボンの飾りなどをつけても構いません。雰囲気を読みましょう。

~耳から斜め上くらいのところで縛るのがポイント!~

髪を伸ばしたくない人は、ショートヘアがオススメです。まとめ方としては、縛らなくてもきちんとまとまるように、ボリュームが少なくコンパクトにまとまった髪型にしてください。
反対にボブヘアは避けましょう。中途半端に長さがあるとお辞儀をしたときに髪の毛が乱れてしまいます。

就活の髪型をセットする際に気を付けたいポイント

ここでは、就活の髪のまとめ方で気にしておきたいポイントを紹介します。

●パーマはやめる
就活中はパーマをかけることはやめましょう。
美しいストレートの黒髪が一番好印象を与えます。パーマをかけている人は、就活前にストレートパーマをかけておきましょう。
納得できない方は、合わせて【就活生でパーマはOK?髪型への4つの疑問と回答】
も読んでおきましょう。

●スプレーとワックスは常に携帯
いつ何時、髪の毛が崩れてしまうかわかりません。雨に打たれてしまったら、髪の毛はすぐに乱れてしまいます。
そういう時でも対応できるよう、スプレーとワックスは持ち歩くようにしましょう。

●長すぎる後ろ髪は切ってしまう
馬の尻尾のように長い髪の毛を持つ人もいますね。
就活の髪のまとめ方として、あまり良い印象は与えません。
どうしてもこれは伸ばしておきたい、というポリシーがない限り、ある程度の短さにしておきましょう。

就活に相応しい髪型はワックスを使って全体を整えるまとめ方がベスト!

就活にふさわしい髪のまとめ方と気をつけたいポイントについてご紹介しました。
いかがでしたか?就活の髪をまとめるのに一番大切なのは、清潔感です。
一度、両親や周りの人にチェックしてもらうと参考になりますよ。綺麗なまとめ方を工夫して、あなたが一番美しく映えるスタイルを見つけて下さいね。