就活に適した髪の毛の長さとは | 新卒就活.com

2015/11/24更新

就活に適した髪の毛の長さとは

就活には、就活に適した髪の毛の長さがあります。
ポイントポイントでしっかりその長さになるように整えていかないと、見た目の印象が悪くなり、印象が悪くなることでしょう。
ここではそんな、就活に適した髪の毛の長さを紹介させて頂きます。
結び方だけでなく、長さにも注意して見てください

就活に適切な髪の長さ1,前髪は眉毛にかからないのがベスト

woman-586185_640
就活に適した髪の毛の長さとして、まずは前髪の長さから紹介していきたいと思います。
就活に適した前髪の長さは、眉毛にかからない程度の前髪です。
前髪が眉毛にかからない程度の長さということは、髪の毛全体で見てもそれなりに短くなります。
いわゆるベリーショートとなるでしょう。

●前髪が長いと顔全体の印象が暗くなる!

ではなぜ前髪が長いのは就活に適していないのでしょうか。
前髪が長いと、それだけで顔全体の印象が暗くなります。それにより笑顔で話していてもなんとなく表情に乏しい印象になってしまい、印象が悪くなってしまうのです。
逆に短いとそれだけで表情豊かに明るく見えるので、前髪の長さは眉毛にかからない程度の長さが理想だということになるのです。
まずは前髪の長さをその程度に意識してあわせていくと良いでしょう。

就活に適切な髪の長さ2,耳を完全に出す

就活に適した髪の毛の長さとして紹介する次のポイントは、サイドの長さです。
サイドは耳が完全にでるような長さが、適しています。
ただし、過去に就活に適した髪の毛の長さとして言われていたような、耳にかかるのすらNGということは最近ではありません。
多少かかるくらいは問題ないでしょう。
ですが、髪の毛がかかって耳がみえないというのはまずいです。

●コミュニケーションを取りやすい雰囲気をつくるここと!

耳が髪の毛で見えないとなると、コミュニケーションがとれているのか不安になるのです。
サングラスで目が見えない人や、一切にこちらの方を向かない人と会話をすると、コミュニケーションがとれているのか不安になりますよね。
耳でもそれと同じことが起きるのです。
耳が出ていないと、目ほどではないものの、いささか深層心理で不安になるのです。
就活でコミュニケーションに不安を覚えられるのはまずいです。
ですから耳は出しましょう。

就活に適切な髪の長さ3,襟足は短くする

就活に適した髪の毛の長さとして最後に残されたポイントがありますね。
襟足です。
襟足は、襟にかかるのがNGとされています。襟に襟足がかかるとなんとなくチャラチャラして見えますよね。]
ですから、襟足はかなり短くしておくべきなのです。
また、襟足の場合は前から見た時にみえるというのも良くありません。そうならないように、横の長さにも気をつけるべきでしょう。

●前から見えるとバランスが悪い!こまめなカットが必要

前から見た時に顔の下の方の左右から髪の毛がみえるというのは、やはりちょっと髪が長い印象を与えてしまうのです。
襟にかからないような長さにしているのにそうして横から見えるというのは、全体的なバランスとしてもちょっと違和感がありますし。
そうならないように注意して髪の毛を整えていくと、就活で悪い印象になることはないでしょう。

就活に適切な髪の毛の長さとは清潔感が感じられる程度であること

以上、就活に適した髪の毛の長さのご紹介でした。
前髪、サイド、後ろと、ポイント別に就活に適した長さを紹介してきましたが、イメージできましたでしょうか。
真面目で清潔感があるようにみせるには、こうするのが一番です。
逆に言えば真面目で清潔感があるように意識していけば、そういう髪の毛になると思うので、そう意識してみてください。