就活に適切な髪型とポイント【女子学生編】 | 新卒就活.com

2016/02/12更新

就活に適切な髪型とポイント【女子学生編】

就活に適切な髪型とポイント【女子学生編】をご紹介します。
女子でも男子でも、就活において見た目は大事です。
そしてその見た目を大きく左右するのが、髪型です。
ゆえに、就活においては髪型というのは大切だと言えるのです。
ですから就活での女子の髪型において、いくつかある注意点について説明します。

就活に適切な髪型1,おでこをみせる

hairstyle-280169_640
おでこを出すというのは人相学的に意義があることです。
おでこをだすことで顔が華やかで明るく見えるようになるのです。
華やかで明るく見えるということは、それすなわちフレッシュで力強い印象を与えるということです。

就活ではそういう印象を与えることは大事ですので、就活では女子はおでこをだした髪型をするべきなのです。

~就活生らしいフレッシュな印象を与えることができる!~

女子は前髪が重くなりがちです。ですが思い前髪というのは、それだけで顔色を暗く見せるものです。
すると全体の印象もすごく暗くなるでしょう。
よほど重さが絶妙で、肌の色と重さのマッチングも良ければ話は別ですが、多くの場合そうはならないので、前髪が重い髪型というのは避けるべき髪型なのです。
暗い印象を与えていては、決して就活は勝ち抜けませんから。

就活に適切な髪型2,耳を出す

女子が就活の際に出す方が良いパーツはおでこだけではありません。
就活では、おでこだけではなく、耳が出るような髪型にもするべきです。
耳をだすようにすると、印象的にきちんとコミュニケーションがとれているような印象を相手に与えられます。
ここでも顔色が明るくなるということはありますが、それ以上にコミュニケーションがとれているという印象を与えることが大切です。

~耳を出すことでコミュニケーションがとれている印象を与える~

コミュニケーション能力というのは、就活の面接で一番見られていると言っても過言ではないところです。
それが見られていないのであれば、機械で判断すれば間違いなく判断できるわけですから。
そんな大事なコミュニケーション能力を、髪型一つでアピールできるのですから、それをしない手はないですよね。ゆえに女子は、就活では耳が出る髪型をするべきなのです。

就活に適切な髪型3,手直しする必要がない髪型

就活での女子の髪型において、もう一つ大事な注意点があります。
それが、お辞儀をしたりしても直さなくて済むような髪型にしようということです。
お辞儀をするたびに髪の毛がバサッとしてしまい、いちいちそれを手で直さないとならないようでは、印象が悪いです。
ですから女子は、ピンでとめるなり、結ぶなりして、バサつかない髪型にして就活に挑むべきでしょう。

~手で直すとオドオドしている印象になる!ピンでとめるなど工夫すること~

就活の面接中などにいちいち髪型を手でなおすような事態になったら、そのしぐさのせいでオドオドしている、という印象を与えてしまいます。
オドオドしている印象というのは、イコールで頼りない印象となりますので、評価が下がってしまうでしょう。
就活においては自信があるというのは大事なことですから、気を付けましょう。
合わせて、【就活生でパーマはOK?髪型への4つの疑問と回答】もおさえておきましょうね。

就活に適切な女子学生の髪型とは手直しする必要がないよう工夫すること!

以上、就活での女子学生の髪型のポイントや注意点などのご紹介でした。
女子の髪型は、男性よりも選択肢がある分、注意点も細かくなってきます。
しっかりこれらの注意点を守り、見た目の印象を良くしていってください。見た目の印象がよいと、自然と受け答えも好意的にとってもらえたりして、得ですよ。