就活の採用選考で面接官が見ている3つのポイント | 新卒就活.com

2016/08/29更新

就活の採用選考で面接官が見ている3つのポイント

就活の採用選考で面接官が見ているポイントをお教えします。

採用選考をどう乗り切れば良いか、と迷っている就活生も多いでしょう。

一体、面接官はどのポイントを見ているのでしょうか。

今回は、就活の採用選考で面接官が見ているポイントをお教えします。参考にしてみてくださいね。

採用選考で面接官が見ているポイント1.コミュニケーションがとれるかどうか

startup-593310_640
採用選考で見られているポイントとしてまず紹介したいのが、コミュニケーションがとれうかどうかということです。

コミュニケーションというのは、与えられた質問に対して用意してきた回答を一言一句いうということではありません。それではコミュニケーションになりませんよね。

◆コミュニケーションとは自分の言葉で会話ができるかという事◆

考えに考え抜いた回答を用意するのではなく、ある程度言いたいことだけまとめておいて、きちんとコミュニケーションをとりながら自分の言葉で回答するようにしていくと良いでしょう。

面接官にだって話しかけても良いのです。良いコミュニケーションの時間を過ごしてください。

採用選考で面接官が見ているポイント2,自分に自信があるかどうか

採用選考では緊張してしまいうつむきがちになってしまう方もいるでしょう。
しかし、それは適切ではありません。

自分に対して自信があるかということも採用選考では重要視されているのです。

自分に対して自信がない人は、これから社会人になっても自信がもてないままです。

それではいい仕事なんて到底できないでしょう。ですから、採用選考でそこを見るのです。

◆採用選考中では常に見られている事を意識した動作を行う事◆

自信が少しでもあるようにみられるためには、きちんと目を見て話したり、言葉の一つ一つを語尾まではっきり発音したり、指先まで動作をきちんとピンとはって歩くなどしていくことをお勧めします。

ただそれだけのことでも自信があるように見えるものです。自信は細部にこそ現れるものですから。

採用選考で面接官が見ているポイント3,表情が明るいかどうか

children-593313_640

採用選考では、表情が明るくできているかどうかという点もよく見られています。
社会人としては、性格が明るい人が求められています。

もしくは、たとえ根暗であってもこういう時にはTPOに合わせて自分を明るく見せられる人が求められいるのです。

だから、それを判断するためには表情というのはすごくよく見られています。

◆なるべき目に力を入れて話をするなど表情を明るく見せる努力を!◆

採用選考で、いつも笑顔で話せと言うわけではありませんが、なるべく表情豊かに笑う時には大げさにわらったり、なるべく目に力を入れて会話をしたりして表情を明るく見せていってください。

採用選考では話す内容も大切ですが、それと同じくらい、あるいはそれ以上にここも大切だったりします。

採用選考で見られているポイントをおさえて的確に印象を良くしよう!!

採用選考で見られているポイントとしては、以上になります。これらの採用選考のポイントを的確におさえておけば、要所要所を抑えられることとなるので、自然と選考を突破できる可能性も高くなってくるでしょう。

逆に言えばこれらのポイントを無視して機械のような正確な回答を武器に面接をしていってもなかなか結果はついてこないということになります。

人間が担当するのが採用活動ですから、こちらにも人間的なことを求めてくるのは当然ですよね。

もしそうした機械的な正確な回答だけを知りたいのであれば、書面で提出した方が良いのですから。その点を理解して、採用選考にのぞむようにしましょう。