就活の流れを把握する意義とは | 新卒就活.com

2016/09/07更新

就活の流れを把握する意義とは

就活の流れを把握する意義についてご紹介します。
就活の流れを事前に把握しておくことはとても重要です。
業界や職種によっては対象異なる場合もありますが、就活の流れはだいたいどこの企業も基本は同じです。
ですが就活の流れに沿った対策はひとそれぞれです。

就活の流れはとは??

hourglass-620397_640
就職活動を開始する場合、その就活の流れは就職に大きな影響を与えてしまう非常に重要なポイントとなります。
就活の流れに関しては、基本的に就職する業種、職種を選ぶ、入社したい企業を選ぶ、その企業にエントリーする、試験、面接、内々定と進んでいくことになります。

~業界や企業を絞り込んでしまうと就職が難しくなる~

しかしこの間にはやらなければいけないことが非常に多いということを認識しておく必要があるでしょう。
ただ単になりたい職業を決めてその業種の企業に絞りこんでしまうと、厳しい就職活動を生き残ることが出来ません。
ですから、自分の進みたい道に向けての傾向と対策も必要となります。

就活の流れ1,まずは自己分析

就活の流れは基本的に誰もほとんど同じような流れで進んでいきますが、肝心なのは一番最初に行なうべきことです。
それは自分自身を客観的に見て自己分析を行なうということです。

~自分の良さや欠点を探し出すこと~

自分で自分自身が分かっていなければ、企業にエントリーして面接までこぎつけたとしても、自分の良さも悪いところも把握できていないわけですからアピールすることが出来ないですよね。
なにより自己分析できていない状態では、進みたい方向が果たして自分に合っているのかも分かりません。
明確な就活の流れも道筋も見えていないことになるので、就活はまず自分を見つめなおすことから始めましょう。

就活の流れ2,筆記試験と面接

就活の流れの中で最も難関なのが、必ず挑むことになる筆記試験と面接でしょう。
ここにたどり着くまでにセミナーやインターンシップなどを経て、自分の進みたい業界の概要はある程度把握できてきているはずです。

~筆記試験は参考集で対策を!面接は過去の事例から質問の傾向を把握し練習を繰り返す~

次は志望する企業へ入れるかどうかの傾向と対策が必要になります。
基本的に企業の筆記試験は一般常識を導入するかSPIテストでふるいにかけられるかが多いですから、一般常識やSPIの対策は行なう必要があります。
面接に関しては過去の事例などを調べて、企業で出されそうな面接時の質問の傾向、それに対する対策を模擬面接などを何度も行い事前に対策しておくことが必要となります。
就活の流れの中で傾向と対策を行なわないのは就職できる率を著しく低下させることになりますので、必ず傾向と対策を考えましょう。

就活の流れに沿った行動が就職成功へのカギ!

就活の流れは、その流れがスムーズであるほど傾向と対策が上手く言っていることになりまます。
もちろん就職活動をいつ始めるかで、周りの就活生たちとの差がどんどん開いてしまうことになりますし、就活の流れを無視した就活はまず上手くいかないと考えたほうが良いでしょう。

基本的にエントリーもセミナーも試験も日程は決まっています。
そこにたどり着くまでの流れの中でいかに対策が出来ているかが就職が決まるカギとなります。
周りに遅れをとらないよう、けれど自分だけ突っ走ることにも注意しながら就職活動に挑むと良いのではないでしょうか。