就活の選考で採用か不採用か決まるポイント | 新卒就活.com

2016/09/05更新

就活の選考で採用か不採用か決まるポイント

就活の選考で採用か不採用か決まるポイントについてご紹介します。
この就活生は採用か不採用か、採用担当者がそう決めるポイントというのが存在します。
ここでは不採用になる場合からどう改善したら採用へ変えることができるのか、その方法をご紹介します。

主張に一貫性が感じられない場合は不採用

採用担当者は就活生が面接でアピールした内容の高度さにも注目していますが、それだけでなく、内容の一貫性にも注目しています。
例えば、1次面接では協調性が高くチームで働くのが得意だと話したのに、2次面接では一人で黙々と働き創造力を発揮するのが得意だと話してしまう人は、どれだけ話した内容が素晴らしくても不採用となります。

●採用に変えるためには面接メモの作成が有効!

人間の記憶容量には限界があります。
いくつもの会社の面接を受けていれば、どこで何を話したか忘れてしまうのも無理はありません。
面接が終わるたびに面接の内容をメモする習慣をつけておくと、一貫性あるアピールができるようになり採用率が高まります。

準備不足が垣間見えてしまうと不採用

志望動機や学業以外で頑張ったことなどというありふれた質問に対しては、事前に準備しておいた完璧な回答をする学生が多いです。
そこで、採用担当者は就活生の本当の姿を見るために、就活生が語った内容に対して、さらに突っ込んだ内容の質問をしてきます。
そこで黙りこんだり、ちぐはぐな回答をしてしまうと、自己分析や企業分析が不十分とみなされ不採用になります。

●採用に変えるためには企業分析を徹底的に行う!

面接の最後には、何か質問はありますか?と聞かれることが多いです。
その際、会社説明会で配ったパンフレットに書いてあるような内容を質問したりすると、明らかに準備不足とみなされ不採用になります。
かと言って、質問をしないのも熱意が足りないとみなされます。
事前に企業分析をして質問を用意しておくか、面接中に採用担当者の発言で興味を持った部分について質問するようにしましょう。

打ち解けた態度をとってしまうと不採用

面接の際は、採用担当者が就活生をリラックスさせようとしたり、おだてて持ち上げようとしてきたりすることがあります。
しかし、それらは就活生の素顔を見るためのテクニックです。
くだけた言葉使いをしたり、姿勢を乱したりすれば即座に不採用と判断されます。
面接は自分を売り込み、内定を勝ち取るための場なのですから、何を言われても気持ちをゆるめてはいけません。

●採用に変えるためには何を言われても油断しないこと!

面接の際中に、もし採用されたらどの部署で勤務したいですか、採用後は引っ越せますか?などと採用を前提にした質問をされるときがあります。
採用担当者も採用したいと思えばこそ、そういった質問をするわけです。
そこで採用を確信して舞い上がった態度をとっていると、落ち着きがないと判断され不採用になりますから要注意です。

不採用を採用に変えるポイントは準備・真剣さ・一貫性がカギ!

就活の面接で採用か不採用かが分かれるポイントは3つあります。

・まず、一貫した主張をするように心がけましょう。面接をするたび主張が変わったりしないよう、面接メモを作るのが有効です。
・また、採用担当者に熱意を疑われないように、面接前の準備をおろそかにしないようにしましょう。
・深く突っ込まれても堂々と受け答えができるような自己分析、よい質問をできるようにするための企業分析をしておくべきです。

最後に、採用担当者から何を言われたとしても、面接中に気持ちをゆるめることの無いようにしましょう。もし、打ち解けた態度をとってしまえば即座に不採用と判断されます。