就活の電話対応で絶対に注意すべきマナー | 新卒就活.com

2016/08/04更新

就活の電話対応で絶対に注意すべきマナー

就活で会社に電話をする必要性が出てきたとき、選考に影響する可能性を考えると緊張してしまいますよね。
なぜ緊張するのかをひもといていくと、おそらくそれはマナーが分からないから緊張するのではないでしょうか。
そこでここでは、就活で会社に電話をする際の適切なマナーを紹介します。

就活の電話対応マナー1,忙しい時間帯にかけない

talk-845619_960_720

就活で会社に電話をする際の適切なマナーとして、まず最初に覚えておかないとならないのが、忙しい時間帯には電話をかけないということです。
忙しい時間帯に電話をかけてしまうと、それだけでとても失礼になります。
電話はいろいろとやることを遮断されてしまいますし、そういう時間帯にはかけないのが、適切なマナーとなるのです。
ではどんな時間帯にかければ良いでしょう。

●電話を掛ける時間帯は10時過ぎか14時過ぎが適切

相手が忙しくないであろう時間帯は、一般的に2度ほどあります。
まず1つが始業後1時間程度たった後です。
つまり午前10時頃ですね。さらにお昼の1時間くらい後も、忙しくない時間帯とされているので、14時ごろから15時ごろも大丈夫でしょう。
就活で会社に電話をかける際には、このくらいの時間帯を狙って下さい。

就活の電話対応マナー2,時間を頂けるかの確認

就活で会社に電話をする際に、ついつい忘れてしまうのがこの、電話する時間を頂けるか聞くということです。
いくら電話を繋いでもらったからといって、相手の都合も確認せずにこちらの都合だけで語り続けるというのはとてもマナーが悪いです。
ですからそうならないように、かならず「今お時間よろしいでしょうか ?」と尋ねるようにしてください。

●名乗りの後に聞くのがマナー

それをいつ聞くのがマナーが良いのかということが分からないという方もいるでしょう。
これは基本的には名乗りの後に効くというのがマナーが良いです。電話を繋いでもらったらまずは名乗りをして、その後でお時間を頂けるか聞きましょう。
そして「大丈夫」と言われたらそこから用件を告げるというのが、就活で会社に電話をする際の、適切な流れです。

就活の電話対応マナー3,こちらから先に切らない

就活で会社に電話をかける際に、こちらから電話を先に切るというのはとてもマナーが悪いです。
こちらの用件で電話をかけたのに、用件が済んだらいのいちばんに電話を切るなんて、ちょっと想像しただけでもマナーが悪く、失礼になりますよね。
ですから、電話を切るのは、相手が電話を切ることが確認できてからにしてください。

●先に電話切る場合も5秒は待つこと

もし相手がなかなか切ってくれないようで、どちらも切らないままの状態でいるようであれば、こちらから切るのもありです。
ただしその場合も、電話が終了してから5秒くらいは待ってから切るようにしてください。
そのくらい待ってから切るようにすれば、失礼にはならないので、就活で会社に電話をかける際には、最後5秒カウントするようにしていきましょう。

就活の電話対応では必ず時間がとれるか確認してから用件を伝えよう

以上、就活で会社に電話をする際の適切なマナーのご紹介でした。
これらの点に注意していけば、就活で電話をする際にもマナー違反で失礼になることはなくなります。
いきなり電話で印象を悪くするのは良くないので、しっかり意識していってください。は