就活クイズ:「世界初の航空機内カップ麺」として、「うどんですかい」「そばですかい」を 日清食品と共同で開発した企業は? | 新卒就活.com

2016/08/23更新

就活クイズ:「世界初の航空機内カップ麺」として、「うどんですかい」「そばですかい」を 日清食品と共同で開発した企業は?

「世界初の航空機内カップ麺」として、「うどんですかい」「そばですかい」を
日清食品と共同で開発した企業は?

制限時間

30秒

利用可能な道具

無し

解答

日本航空(JAL)

解説

「うどんですかい」は、ビジネスなどで長距離路線を利用する日本人乗客からのリクエストを受け、
1992年6月1日より、JALのエグゼクティブクラス(現ビジネスクラス)で提供されるようになりました。
当初は機内限定の提供でしたが、現在は通信販売や一部営業所でも販売されるようになりました。
また、JALが運営するホテルでも、軽食用として提供されています。
気圧が低い機内で調理されることを考慮し、通常のカップ麺に比べ低い沸点での調理が可能なことが
大きな特徴となっており、登山を趣味とする人々が食糧として持ち運ぶこともあるそうです。
また、お湯を入れたあとでも伸びにくい麺を採用しています。
「そばですかい」「らーめんですかい」など、うどん以外のラインナップも含め、評判の食品となっています。
また、この評判を受け、全日空(ANA)でも、東洋水産と共同で「とびっきりおうどん」という食品を開発しており、
現在では様々な航空会社が、機内でカップ麺の提供をしています。