【冬の就活を乗り切る】トレンチコートのベルトの結び方3選 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

【冬の就活を乗り切る】トレンチコートのベルトの結び方3選

冬の就活に欠かすことのできないコートの中にはベルトが付いているタイプがありますが、結び方に迷う方も多いのでは?
そんなコートのベルトはどのように結べばよいのか迷うものです。
さらにそれが就活シーンともなるとなおさらですね。
そこでここでは、就活シーンに適切なコートのベルトの結び方を紹介していきます。

トレンチコートのベルトの結び方1,片リボン結び

waiting-926533_640
最初に紹介するのは、大人っぽく見せてくれる片リボン結びという結び方です。
この結び方なら、だらしなくならずに、かつオシャレを強調しすぎません。就活シーンのコートのベルトの結び方としては、ぴったりだと言えるでしょう。
パンツスタイルにはもちろんスカートスタイルにもあうので、そういう意味でも就活シーンにぴったりの結び方です。

~トレンチコートの片リボンの結び方~

では、そんなトレンチコートの片リボン結びという結び方はどのように作れば良いでしょうか。
1,バックルが付いていない方が、バックルが付いている方の上に来るようにベルトを交差させます。
2,バックルが付いていない方をついている方の下を通して上に持ち上げ、そのまま一周して輪を作ります。
3,その輪の中にバックルが付いていない方を折り曲げながら少し入れ、締めるだけです。

トレンチコートのベルトの結び方2,定番のひと結び

トレンチコートの前で一回クロスするだけというシンプルな結び方であるひと結びという結び方も、就活シーンで使えるコートのベルトの結び方です。
見た目的にはなんら特徴はありませんが、実用性に優れているという利点があります。
というのも、ただ一回絡めているだけですからトレンチコートの着脱が簡単なのです。

~片結びは着脱が楽!就活では実用性も大事~

就活でのトレンチコートのベルトの結び方というのは、実用性も大切ですよね。
どれだけきちんと感がある結び方ができても、なかなか取れない、なかなか結べないでは意味がないのです。
就活ではコートはそもそも会社に入る前には脱ぎますし、会社を出てから着るでしょうから。
ですから、実用性に優れたトレンチコートのベルトの結び方というのは、就活にあっているのです。

トレンチコートのベルトの結び方3,バックフロント結び

かっちり見せることが出来るバックフロント結びという結び方も就活に適したコートのベルトの結び方だと言えるでしょう。
バックにベルトもってきて、きっちり結ぶので、真面目な印象を与えることができます。
それはまさに就活シーンにぴったりなコートのベルトの結び方と言えますよね。

~バックフロント結びの結び方~

ではそんなバックフロント結びという結び方はどのようにしていけば良いでしょう。
1,まずベルトを後ろの方にもってきます。
2,その後ろ側で普通にバックルの中にベルトを入れます。
3,そしてベルトの先端をベルトステイに通し、腰のベルトの下を通って、逆側のベルトステイに通して完成です。

就活に適切なコートのベルトは自分の結びやすい方法を選ぶこと

就活時に適切なコートのベルトの結び方のご紹介でした。
●片リボン結び
●片結び
●バックフロント結び

ここで紹介してきた3つはどれも就活シーンにはピッタリなコートのベルトの結び方なので、やりやすさや自分にはどれが似合うかなどを考えた上で選択して使うと良いでしょう。