就活中無内定の時に心穏やかに過ごす方法 | 新卒就活.com

2016/08/29更新

就活中無内定の時に心穏やかに過ごす方法

就活中に自分だけ無内定の時に心穏やかに過ごす方法をお教えします。

周りが内定を持っているのに、自分だけ無内定だと落ち着かないですよね。

どのように過ごしたら、心穏やかに過ごす事が出来るのでしょうか。

ここに書いた方法を是非、実践してみてはいかがでしょうか。

無内定の時の過ごし方1,「就活をする」という実感を得る

BL010-aremoshikashite20140810500
まわりで「就活なんて面倒」と言っている人もいれば、手帳に企業への訪問時間を書いている人がいます。それでも、無内定の状態を望む人はいないです。

最初とは、意識の差が激しい時期です。
まず、「就活がはじまる」ということを実感に落とし込むのが最初に得るべきことです。

◆大きな企業展へスーツを着て行く◆

雰囲気を視覚や肌で感じると、スタートしたという実感がわきます。
企業展や訪問は、一人で行くことをお勧めします。
最終的にはテスト、面接など一人で受けるからです。
友人と情報交換するのは、学校やLINEで事足ります。
特に最初の方の活動は、自分でも体験できるものです。

無内定の時の過ごし方2,不安に引きずられないよう意識する

「無内定だわ」と報告しやすい、中間時期があります。
「まだ、卒業まで半分だ、内定があっても就活してるやつもいる。」というような事です。
無内定が就活をしているアピールになっています。

この雰囲気は、友人のためにも自分のためにもなりません。
企業展に行けば人数の多さや、違和感を感じるなど、何かを感じると思います。
その興奮が冷めない間に身近にあるサービスに登録します。

◆就職情報サイトに登録◆

就活に際しての授業や配布物で紹介されています。
自己診断など一気にやるのにも良い時期です。
企業訪問に慣れてきたころに振り返ってみると、目標の再確認に役立ちます。

無内定の時の過ごし方3,企業訪問に行かない日を作る

無内定の人は、企業訪問に行かないことに罪悪感を得ます。

「無内定なのは、あの時いかなかったから。」と。

しかし、チャンスは準備をしていないと得られないです。
是非、準備する期間を作ってはいかがでしょうか。

◆就活生以外とも話すようにしよう◆

卒業が見えてくると、周りもしくは自分が神経質になります。
「無内定だよ」と平気なフリをしても焦りや、苛々が態度でわかります。

この時期の情報交換は、就職活動生の間では難しいです。

友人以外にも話せる人がいると、安心感があります。

人事や先輩と話すだけでも閉塞感が薄れます。メンタルな部分もケアを意識します。

気持ちが弱っていると、行動にも影響がでることは目に見えています。
繊細な時期ですが、自分の行く先のことを優先です。

就活中無内定の時に心穏やかに過ごす方法を知れば今後の内定に繋がる!!

就活中、無内定の時に心穏やかに過ごす方法を知れば、今後の内定に繋がるでしょう。

大きな説明会に行き就活の実感を得るのも良し、就活生以外と話すのも良し、情報サイトに登録するのも良しです。

是非、無内定でも不安を払拭できるような過ごし方をしましょうね。