就活塾はこんなに便利!? オススメできる7つのメリット | 新卒就活.com

2016/08/24更新

就活塾はこんなに便利!? オススメできる7つのメリット

就活塾特集をお送り致します。

  1. 就活塾はこんなに便利!? オススメできる7つのメリット
  2. 就活塾に向く人、向かない人の違いは?
  3. 就活塾の賢い選び方 〜評判に左右されない6つのポイント〜

大学受験の予備校のように、就職活動にも就活塾と呼ばれる予備校のようなスクールがあります。そうしたスクールの講師が対策本を出版したり、セミナーに登壇したりしているケースも多いので、名前くらいは聴いたことがあるのではないでしょうか。
今回はそんな就活塾のメリットをご紹介できればと思います。

1. 就活の専門家のサポートが得られる

講師は皆、就活の専門家です。就活で求められているアピールは何か? エントリーシートを書く上でのポイントは? など、多くのノウハウが手に入ります。
また、今はインターネット上でも、就活に関する多くの情報が手に入ります。ですが、それは断片的な情報であることが多いです。対して、就活塾では体系的な知識・ノウハウが学べますので、漏れなく対策できるメリットがあります。

2. 一人で出来ない対策も対応できる

就活生同士ですと、自己分析やエントリーシートなどは互いに「ここが甘い」「もっとこうした方が良い」とアドバイスし合えますが、面接やグループディスカッションはなかなかそうはいかないかと思います。
就活塾は当然、面接やグループディスカッションの対策講座もあります。学生同士では対策の難しいグループディスカッションも、議論の進め方や評価基準といった基本から実践練習とフィードバックまで手厚くサポートしてくれます。

3. 志望企業に特化した対策ができる(かもしれない)

就活塾には、過去の卒業生たちが受けた企業の選考データが残っていることが多いです。たとえば面接であれば、どんな質問を受けたのか、そこでどう答えたのかといった内容がリストになっているイメージです。志望企業のデータがあれば心強い味方となるでしょう。
就活塾によっては、卒業生の面接の様子をビデオに撮影した教材などもあるようです。合格レベルの面接がどの程度のものなのか、その水準が掴めるのは目標とやるべきことが明確になりますので非常に有益です。

4. 多くのOB・OGと会える

企業によってはOB・OG訪問を受け付けていない所もあります。その為、志望企業がそうした場合には、会社説明会だけで情報を仕入れる必要がありますが、容易なことではありません。自分で友人や知人を伝ってOB・OGを探すのも、なかなか大変です。
就活塾はそうした悩みを解消する為に、卒業生と交流するイベント、セミナーを開催している所が多いです。また、大抵の就活塾が多くの業界に万遍なく内定者実績を持っているので、直接志望企業でなくとも、その業界に詳しい卒業生に会うことは大体できます。

5. 自信がつく(かもしれない)

世の中には、面接一つとっても色々な対策情報が出回っています。ですが、それらを体系的にまとめたサイトは、あまり多くありません。ですので、「結局どこまでやれば良いのか分からない」「何をやれば良いのか分からない」という不安を持つ就活生の方もいるのではないでしょうか。
就活塾にはカリキュラムがあります。そして、そのカリキュラムで多くの就活生が実績を出しています。ですので、どうすれば選考を通過できるのか分からない学生にとっては、やるべきことが明確になり、自信にもなるでしょう(抽象的な話ですので、勿論個人差はあります)

6. 就活仲間が出来る

スクールには毎年大勢の就活生が通っています。個別指導形式のようなスクールもあるようですが、大半が集団指導形式を取っています。学校のような雰囲気ですので、自然と周りの就活生とも仲良くなれるでしょう。同じ悩みを持ってスクールに入塾したわけですから、打ち解け合うのも早いかもしれません。
就活は情報収集と経験が勝負です。より多くの情報を集めて志望企業を見定め、面接等の選考経験を多く積んで慣れておくこと、これが重要です。特に前者、情報収集は協力し合える友人・知人が多くいると格段に有利です。協力して情報交換するだけでなく、周りの就活生がどの程度のレベルまで業界分析をしているのか等、現状の自分を客観視できることにも繋がります。

7. 企業紹介が受けられる

就活塾によっては企業からの求人依頼を受け付けている所もあります。そうした企業を紹介してもらうこともできます。場合によっては、講師の方々が紹介先企業へ自分を売り込んでくれるというケースもあるかもしれません(企業もビジネスですから、紹介実績が作れれば就活塾の評判アップに繋がります)

以上、就活塾のメリット7つになりました。勿論地力で就活をやり遂げられる自信がある人、上記のメリットを他の形で手に出来る人は、無理に入塾を考える必要はありません。ですが、就活に不安を抱える学生は一度検討してみても良いのではないかと思います。