就活女子が選ぶべきリクルートスーツの特徴 | 新卒就活.com

2016/09/05更新

就活女子が選ぶべきリクルートスーツの特徴

就活女子が選ぶべきリクルートスーツについてご紹介します。
リクルートスーツは就活生にとって必須のアイテムです。
身だしなみの1つであるリクルートスーツをキチンと着こなしていないと、第一印象も悪くなってしまうおそれがあります。
正しいリクルートスーツの着こなしを知って就活を勝ち抜きましょう!

就活女子のリクルートスーツの種類

suit-647415_640
就職活動は男子だけでなく女子にとっても将来がかかっている大事な活動です。
そのため女子のリクルートスーツ選びも男子同様非常に重要となってきますし、女子の場合は男子のようにスーツ一択では無いためなかなかリクルートスーツを決めかねている人も多いのではないでしょうか。

~スカートかパンツスーツで印象が大きく変わる!~

女子の場合多くの人が選ぶスカートだけでなく、パンツスーツと呼ばれるリクルートスーツもありますので、どちらを選ぶかでその人の印象は大きく変わってきますし、スカートとパンツスーツでは似合う人に合わない人がはっきりと分かれますので、自分がどちらのリクルートスーツが似合うかをまずは把握する必要があります。

スカートのリクルートスーツの特徴

女子のリクルートスーツでスカートとジャケットの上下の場合、見た目の印象が清楚な印象となりますので、就職活動を行なう女子にはとても向いているリクルートスーツだといえます。

~長すぎも短すぎもNG!ひざ上ぐらいがベスト!!~

スカートを選んだ場合の注意点は、スカートの丈が長すぎても短すぎてもダメだということです。
長すぎると野暮ったい印象となり、短すぎると肌の露出が増えるため就活には不向きとなります。椅子に座った場合に短すぎるスカートは色々と問題が多いといえます。
そのためスカートの丈は膝上くらいがベストだといえますので、試着をして長さを確認したほうが良いでしょう。

パンツスーツの特徴

女子のリクルートスーツの中でもパンツスーツはスカートとは違い、非常にシャープな印象与えるリクルートスーツだといえます。
パンツスーツの場合、清楚なイメージではなく出来る女子という印象を相手に与えることが出来ますので、顔が幼い人などはパンツスーツを着用すると大人の女性といった印象を与えることが出来るでしょう。

~パンツは背が高い人が似合う!踝が出るくらいの長さが理想~

パンツスーツの場合にはパンツの長さが重要で、踝が出るくらいの長さが理想の長さだといえます。
パンツスーツを着用する人は背が低い人よりも高い人のほうが着こなした場合に様になるスーツだといえるでしょう。

就活女子のリクルートスーツはトータルバランスが重要!

就活女子のリクルートスーツでスカートを選んだ場合でもパンツスーツを選んだ場合でも、トータルのバランスには注意する必要があります。
トータルバランスとはスーツだけでなく靴なども重要だということですから、女子のリクルートスーツ選びには靴のチョイスも大事なポイントだといえます。
上着はどちらも2〜3個のボタンの上着を着用すればOKですし、スカートでもパンツでも上下セットで購入すればまず失敗は無いでしょう。しかし靴はセットになっていない場合が多いので、ヒールの高すぎない先端のプレーンなパンプスなどを選んで合わせると良いでしょう。