就活で使用する封筒は何色?適切な色と応募書類の封入順番 | 新卒就活.com

2016/08/09更新

就活で使用する封筒は何色?適切な色と応募書類の封入順番

履歴書を入れて送る封筒。でも、どんなマナーがあるのか分からない就活生も多いのではないでしょうか。さらに、事務のアルバイト経験のある就活生以外は、なかなか封筒の書き方を知らない場合もありますよね。
ビジネスマナーを踏まえた封筒の書き方を知っていれば、ライバルに差をつけられることは間違いなし。社会人のマナーである、就活における封筒の3つの書き方を踏まえて、選考を突破しましょう。

できる学生かどうか、封筒を見ればある程度分かる

-shared-img-thumb-YUKA863_osusume15202708_TP_V

ここ最近、収入という面では格差社会がどんどん広がる日本ですが、大学生の就職活動においても格差は広がりつつあります。一部の学生は多くの内定をもらい、それ以外の人は内定をほとんどもらえません。その違いは”就活のコツ”を知っているかどうかにあります。

就職活動と言うと、筆記試験や面接対策のことばかり考える学生も多いですが、企業と最初にコンタクトを取るのは書類であり、それを入れる封筒です。
実は「できる学生かどうかは、エントリーシート・履歴書の入っている封筒を見れば、ある程度分かる」というのが採用担当者の本音なのです。

封筒や書類の段階で落とされるのは勿体ない

 
そのため、封筒や書類の段階で落とされてしまっては、先にある試験や面接に進むことすらできないのです。せっかく書いたのに勿体ないですよね。
というわけで、今日は就活で勝つためには欠かせない「就活における3つの封筒ルール」について紹介します。
これを知っているだけで、採用担当者の印象は間違いなく良くなりますので、ぜひ就活に活かしてください。

就活における封筒のコツ①色は白!茶色はNG