就活生が無い内定から脱却する方法とは | 新卒就活.com

2016/09/05更新

就活生が無い内定から脱却する方法とは

就活生が無い内定から脱却する方法についてご紹介します。
無い内定の人にはだいたいいくつかの共通点があります。
ということは、つまりその共通点が無い内定の原因ともいえます。
ここで無い内定の原因3つに対する克服法をご紹介していきたいと思います。

無い内定から脱却する方法1,インパクトのあるエピソードを用意する

cc-library010010970
就活で無い内定状態なのには、インパクトのあるエピソードがなくて印象に残らないからという理由があります。
ですからその状態から脱却するためには、インパクトのあるエピソードを用意すればよいのです。ではそれには具体的どんなエピソードが良いのでしょう。

~苦手なことを克服するチャレンジ精神をアピールしよう!~

そこで用意すべきエピソードは、自分の苦手なことにあえてチャレンジしたというエピソードです。
インパクトというのは、「世界中を車でまわった」ですとか「日本代表になって世界大会にでた」というそういうパッと見のインパクトではなく、内容のインパクトです。
得意なことを頑張るよりも、苦手なことを克服するというエピソードの方が、あまり誰も言わない分インパクトがあるものなのです。
ですから就活での無い内定から脱却しようと思ったら、人見知りなのに接客業の短期バイトをしてみたりして、弱点を克服しようとするインパクトの強いエピソードを用意してみてください。

無い内定から脱却する方法2,就活の幅を広げる

就活での無い内定から脱却しようと思ったら、受ける業界を増やしてみるというのも有効です。
受ける業界がいまいち自分の強みとあっていなくて、そのせいで無い内定状態に陥ってるという方が意外にたくさんいるものです。
もちろんまったく興味の無い業界や企業まで視野を広げろというわけではありませんが、ある程度興味がある業界なら広げてみた方が良いです。

~自分の視野を広げてみるためにも興味がある業界に手を伸ばそう!~

ただそれだけで自分の強みと業界のニーズがガッチリはまって、あっさり就活での無い内定状態から脱却できる方も少なくないのです。
今一度この業界は本当に受けたくないか、いやかということをたくさんの業界に対して考えてみましょう。

無い内定から脱却する方法3,自信のある振舞いを身に着ける

自信がなさそうに見える方も就活では無い内定状態に陥りやすいです。
自信がなさそうに見えるというのは就活ではすごくマイナスなのです。
自信がない人に対しては他社も自信をモテないものです。だから採用しようとう気がなくなるのです。

~模擬面接などを通して場数を踏み自信をつけること!~

就活で無い内定状態に陥っていたらそれだけでますます自信が失われて、また自信がなく見えるようにという悪循環にもはまってしまいます。
ですからもし無い内定になったら、なるべく早く自信を醸し出す振る舞いを身に付けましょう。
模擬面接など通じて語尾まではっきりと発音したり、目をそらさずに目線を泳がさずに会話をしたり、身振り手振りを交えた話をしたり、そういうような振る舞いを身体にしみこませてみてください。

無い内定の就活生は原因を追求し対処法を編み出すこと

無い内定の就活生の皆さんは以下の点を参考に、自分の就職活動を振り返り、改善をしてみましょう。
まずは無い内定になる原因を追求することが大事です。

・苦手なものに克服したエピソードを用意すること
・就職の幅をひろげてみること
・模擬面接を通じて自信をつけること

以上、無い内定の就活から脱却するための方法のご紹介でした。
まずはここで紹介してきたことを参考に、自分が無い内定である原因はなんなのかというところから考えみてください。
そしてその原因に対してこれらの3つの方法のどれかで対処していってください。

無い内定の原因なんてそんなにたくさんあるものではありませんから、だいたいはこの3つのどれかに当てはまるものです。
的確にそれを判断し、適切な対処をしていきましょう。そうすればきちんと就活は上手く回るようになり、無い内定の状態からだってすぐに脱却できるようになりますから。