就活生は覚えておきたい!!面接会場でのマナー | 新卒就活.com

2016/09/01更新

就活生は覚えておきたい!!面接会場でのマナー

就活生は覚えておくべき、面接会場でのマナーをお教えします。就活生はどのように振る舞うのが面接会場での正しいマナーなのでしょうか。今後の就職活動を有利に進めるためにも細かい所に気を遣って行きたいものですよね。ぜひ、就活を始めたばかりの方は確認しましょう。

面接会場でのマナー1,場所の確認は事前に行う

b79865ec5d89098e70cfdde79745ac91_s

就活の際に面接会場での失敗で一番多いのが、「場所を間違えてしまった」ということです。

企業サイトで住所をしっかりと確認して準備万端と思っても、いざ訪問していったら実は面接会場が工場や支店だった、ということもあります。

また、ほとんどの就活生が携帯の地図アプリで場所を探しているのですが、実際に歩きながら参照していると意外と方向が掴めなくなってしまうものです。

面接の案内に会場に関してはしっかりと載っているはずですので、必ず所在地を確認しておきましょう。

~何かのついでに会場を訪問しておくのも良い方法~

何かのついでに一度その場所を訪問しておくのも良い方法です。
万が一遅れそうな時にはすぐに連絡を入れて、可能ならば時間を変更して貰います。
謝罪の態度が良く、自分のミスをしっかりカバーできれば望みはあります。

面接会場でのマナー2,到着時から試験は始まっている

面接会場に到着した時から採用試験が始まってると思いましょう。
受付に挨拶をして自分の名前をはっきりと名乗ります。

一般的に一度応接スペースに通されたた後、人事部員がやってきて面接会場へ案内してくれるものですが、待っている間に周囲を見回したり、携帯電話をいじるのはNGです。

面接会場に到着する前に携帯電話の電源は切っておくのが鉄則、面接の最中に音が出たらアウトと思いましょう。

~会場に対してお世辞を言う必要はない!!面接に集中するため準備をしよう~

社内を歩いている間はキョロキョロと見まわして「綺麗なオフィスですね」などとお世辞を言う必要はありません。
面接を待っている間も余計な行動はせず、精神統一をしておくことです。
面接会場に到着した時から採用試験が始まってると思いましょう。

面接会場でのマナー3,ノックを忘れずに

面接会場では名前を呼ばれることもありますが、ほとんどの場合、前の面接者が退室したら入れ替わりに入室して良いと言われます。
その際に必要なのがノックです。

ノックは何回したら良いというノウハウもありますが、重要なのはノックをすることだと覚えておきましょう。

面接会場が広いと「どうぞ」という声も聞きとれないこともあるので、返事がなくても入室して構いません。

~失礼しますと言って入り、ドアを閉めてからもお辞儀を忘れない!!~

その際には「失礼します」と言って入り、ドアを閉めてからお辞儀を忘れない様にしましょう。

椅子に着席するまでは面接官の指示に従います、座る前にも「失礼します」と言ってお辞儀をしましょう。

男性でも女性でもお辞儀が綺麗にできると非常に心証が良くなります。

面接会場では第一印象が評価の対象になる!!見られていることを常に意識しよう

面接会場では初めて面接官と対面する訳ですから、第一印象は大切になります。
会社説明会や筆記試験でよく顔を合わせる人事担当者ではなく、面接会場で初めて顔を合わせるシニア層の面接官が採用を判断する人と思いましょう。

第一印象を良くすることでその後多少言葉が足りなくてもカバーできることもあります。
面接が終わって面接会場を出る際に安心してしまい、挨拶を忘れる就活生も多くいます。

ギリギリのレベルの就活生の場合、お辞儀一つで明暗を分けるということもあるのです。
普段し慣れないことは急に出来る筈はありません、挨拶とお辞儀は普段から友人や家族の前で練習をしておくと良いでしょう。