就活生必見!受かるESを書くための秘訣 〜内容編〜 | 新卒就活.com

2016/08/23更新

就活生必見!受かるESを書くための秘訣 〜内容編〜

今回は受かるエントリーシート(以下、ES)対策として、書くべき「内容」についてお伝えしていきます。書き方以前に、そもそもどういった内容を企業が求めているのか、そこをしっかり押さえて通過率を上げましょう。

1. 学生時代の経験、自己PRの場合

まずこの項目でアピールしなければならないのは、以下の2点です。

  • 自身の持つ強み
  • 今後の可能性

「今後の可能性」の詳細については、次の記事を参照して下さい。一言で言えば「仕事を経験したことがない学生に仕事を任せることができるか否か」です。
企業が求めるアピールポイント・トップ3とは?

自己PRでは「自身の持つ強み」を、そして学生時代の経験では「今後の可能性」をアピールするのが基本です。勿論、自己PRに「今後の可能性」を合わせて盛り込んでも全く問題ありません。

2.「自身の持つ強み」をアピールする上での注意点

注意点は1つ、それは「自分はこんなことが出来ます!」とは謳わないことです。

そもそも学生は仕事をしたことがありませんから、いきなり「貴社でこんなことが出来ます」と謳われた所で根拠がありません。そのため、アピールに説得力がないので、むしろマイナス印象です。だからこそ、もう一つの「今後の可能性」をアピールして欲しいと望んでいます。

企業は単純に売上げを伸ばしたいだけなら、能力のない新卒は採用しません。既に経験豊かな中途を採用します。では、企業はなぜ新卒を採用するのでしょうか?
それは「企業の将来を支える人材」「他の企業の色に染まっていない人材」が欲しいからです。つまり長期的に見て、会社にとってメリットを提供してくれることを期待しています。目先の利益を上げることを新卒には求めていません。

重要なのは「貴社に貢献できる強みを持っています」ということです。つまり「企業に求める素養がある」ことです。どんなに凄い能力を持っていても、それを企業が欲していなければ意味がありません。ですので、強みでアピールすべきは「こんなことが出来ます」ではなく、「貴社の求める素養があります」ということです。よって、企業研究も必要になってきます。

3.「今後の可能性」をアピールする上での注意点

「今後の可能性」とは、つまり「仕事を任せることができるかどうか」ということです。ここで必要になってくるのは「PDCA」という考え方です。

新卒採用とはつまり「仕事経験のない学生を採用する活動」です。もっと具体的に言いますと「仕事経験のない学生たちの中から、仕事ができそうな学生を採用する活動」ということです。
そのため、中途採用のように過去の具体的な仕事経験から「自社に貢献できるか否か」を判断したりはできません。代わりに学生時代の経験から、そうした素養があるのか否か確認します。

そこで必要となるのが「PDCA」という発想です。PDCAとはどういうものか、その詳細は以下の記事をご参照下さい。

自己PRがなにもない3年生が7月からやるべきこと


物凄く簡単に言ってしまうと「何事かに取り組む時、常に必要なことを考え、結果を反省して、その反省を次に活かす、という流れ」のことです。

学生は就業経験がないわけですから、いきなり仕事を任せて成功できる人もいれば、失敗する人もいます。ですが失敗したとしても、その原因をきちんと分析・反省して次の機会に活かすことが出来る人であれば、その人はその失敗の分だけ「成長した」と言えます。そうして一歩ずつ成功に近づいていく(=仕事ができるようになる)わけです。
つまり、PDCAサイクルを回して物事に取り組める人は「仕事ができる(ようになる)」人材であると一定判断できます。

4. 取り組んだことの規模感は必要ない

よく勘違いされていることの一つに「大きな経験を書かなければいけない」というものがあります。サークルリーダーや大会実績、起業やバックパッカーなど様々ですが、そうした他の学生と一線を画す経験がないことを嘆く就活生が多いです。

ですが、上記の通り、大切なのは「企業の求める素養=強みを持っていること」と「その強みを仕事で活かしていける可能性があること」です。取り組んだ物事の「規模」や「結果」が大切なのではなく、その「過程」を知りたいのです。
「書式編」の方で詳細はお伝えしますが、ESを書く際には、必ずこの「PDCA」を意識した書き方を癖にしておきましょう。箇条書きで各項目について書き出し、それを繋いでいくくらいのスタンスで丁度良いです。そうすれば、大抵のES選考は通過できます(募集人数が極少数の場合や選考基準が極めて高い場合などは、なかなかそうもいきませんが)


以上、内容面で意識して欲しいことになりました。必要なのは繰り返しますが「企業の求める素養=強みを持っていること」と「その強みを仕事で活かしていける可能性があること」です。これを押さえておけば問題ありません。「書式編」の方も参照して、ご自身のESを磨いてください。