就活用のレディースリクルートスーツの選び方 | 新卒就活.com

2016/08/29更新

就活用のレディースリクルートスーツの選び方

就活用のレディースリクルートスーツの選び方をお教えします。

女性の方でも、どんなリクルートスーツを着たらよいのか分からない方も多いでしょう。

就活用のレディースリクルートスーツの選び方を押さえておけば、今後の就職活動で戸惑うことも無くなるはずです。

レディース用リクルートスーツの基本とは

men-683655_640
就職活動に必要なもののひとつに、リクルートスーツがあります。
会社説明会や面接で必ず必要なアイテムなので、就活前に必ず準備しておきましょう。

◆派手すぎない事!常識あるように見せるのが大事!!◆

社会人として企業で働くということは、常識がある普通の人であることが前提になります。

服装の個性が強かったり、派手だったりする人は、周囲の人を不安にさせてしまいますので、主張しすぎないファッションが好まれます。

◆リクルートスーツの色は黒・グレー!白シャツを合わせる◆

リクルートスーツの色は、メンズもレディースも黒やダークグレー、紺など濃いめの落ち着いた色が普通で、ストライプなどの柄は避けたほうが無難です。

メンズだけでなく、レディースもスーツの下は白いシャツがおすすめです。

レディースリクルートスーツの選び方とは

では、次に本題のレディース用リクルートスーツの選び方をお教えします。

なかなか知らないと分からないレディース用リクルートスーツの選び方。

一体、どのようなものを選ぶのが良いのでしょうか。

◆ノーカラーNG!テーラードカラーを選ぶのがベスト!◆

レディースのリクルートスーツはノーカラータイプではなく、テーラードカラーのものを選ぶようにしましょう。

ジャケットの下に着るシャツは、就活先が一般的な企業の場合、普通のシャツ襟を選んだほうが無難です。

華やかな業種の場合は襟に少しフリルがついたものなど、控えめなディテールがあるブラウスを選ぶのもおすすめです。

◆スーツの下はスカート・パンツどちらでもOK!見せたい自分により変える◆

レディースの場合、ジャケットに合わせるのにスカートとパンツがありますが、リクルートスーツとしてはどちらが相応しいのでしょうか。

どちらを選んでも大丈夫ですが、一般的にはスカートのほうが女性らしいイメージがあり、より安心感があるようです。

アクティブで仕事ができそうなイメージがあるパンツでも、決して悪い印象は与えません。

レディースのリクルートスーツの注意点とは

パンツ

最後にレディースのリクルートスーツを選ぶ上での注意点をお教えします。

この点を知っていないと、面接中に恥をかくかもしれませんよ。

◆レディースのリクルートスーツは露出に注意する!ストッキング着用◆

レディースのリクルートスーツで一番大切なのは、露出に注意することです。

スカートの場合、丈は膝が完全に隠れるものを選びましょう。

面接の時はイスに座る機会もあるので、座った姿勢でもスカート丈が短くならないことがポイントです。

◆シャツの襟もきちんと上まで留めておきましょう。◆

スカートに合わせるストッキングは、健康的に見える肌色を選び、黒色や柄の入ったものは避けましょう。

靴の基本は黒のパンプスで、3センチから5センチほどのヒールのついたものが望ましいです。

◆リクルート用の売り場で買うのがおすすめ!!◆

スーツのタイトスカートには、動きやすいように深いスリットが入っているもの
もあります。

リクルートスーツ売り場では、就活用に配慮したレディースのアイテムが揃うの
で、そちらで買うのがおすすめです。

レディース用リクルートスーツは清潔感が大切!!露出度に注意

メンズもそうですが、レディースのリクルートスーツは自己主張のない、標準的なものが好まれます。

柄物は避け、濃いグレーや黒、紺などの落ちついた色を選びましょう。
レディースのリクルートスーツの下はスカートでもパンツでも構いませんが、一般的にはスカートがよく選ばれています。

女性の場合は、スカートの丈やスリットの深さ、シャツの襟を開けるなど露出がないように気をつけましょう。

スーツに合わせるストッキングは肌色、靴は黒のシンプルなパンプスがおすすめです。

就活は第一印象がとても大切です。

リクルート用のアイテムは高級なものである必要はありませんが、スーツやシャツのシワや汚れにも気をつけて、清潔感のある服装を心かけましょう。