就活用写真に写す髪型で気をつけるべきポイント | 新卒就活.com

2015/11/19更新

就活用写真に写す髪型で気をつけるべきポイント

就活用写真というものは就職活動において非常に重要だと言えます。
なぜなら就活用写真の印象は、企業に一番最初に自分を見てもらうための第一印象を決めるものとなるからです。
髪型に関しても細心の注意を払って就活用写真を写す必要があります。
就活用写真に写す髪型で気をつけるべきポイントを見ていきましょう。

就活用写真に不向きな髪型とは?

lens-456836_640
就活用写真は履歴書などに使用するため、企業側が自分を最初に認識するための重要な写真となります。
そのため、就活用写真の髪型に関してもその写真の印象で判断されてしまうことになります。
就活だからと髪型をきちんと綺麗に整えたとしても、就活用写真に使用する髪型が整える前の髪型であった場合、今現在の印象とは全く異なる印象を企業側に与えてしまうことになります。

~就活している時とは全く違う印象を与えてしまう髪型はNG!~

男性の場合、長髪や黒以外の髪色といった髪型は基本的にNGとなります。
ですから染めていた場合、その状態で就活用写真を写していた場合には、きちんと色を黒にして整えた後の写真を撮り直すことが必要となってきます。
今現在の写真を使用しないと現在の状態は企業には一切伝わりません。
それほど就活用写真の与えるインパクトは大きなものだと言えるでしょう。

就活用写真で女性が気をつけるべきポイント

男性の場合と同様に女性の場合も就活用写真の髪型には注意を払う必要があります。
女性の場合、男性よりも髪が長い場合が多いため、伸ばしっぱなしの状態の髪型で就活用写真を写してしまうと、その印象が企業側にも強く残ることになります。

~長い髪は結んで顔の輪郭を出すようにすること!~

女性の場合の髪型は、基本的に長ければ結ぶということが絶対条件となります。
顔の輪郭を出すことが就活用写真には求められるポイントとなります。
顔の輪郭を出すか出さないかで写真の印象は大きく異なりますし、輪郭を出した髪型の場合は企業に与える印象も好印象となりやすいというデータが実際にあります。
長い場合には結んだ髪型で写真を写すとよいでしょう。
ボブで顔の輪郭が隠れてします場合も、サイドを耳にかけるなどアレンジをして写真を写すことで、印象が大きく異なる良い写真を写すことが出来るでしょう。

就活用写真で男女ともに好印象を与えられるポイントとは?

就活用写真を写す場合、男女ともに清潔感があるかどうかがとても大きなポイントとなります。
そのため、額を出す髪型と言うものは好印象となり易く、逆に額を隠した前髪の長い髪型は陰気な雰囲気を与えやすくなります。
前髪が長い場合、額が出る程度にカットすると印象を大きく変えることが出来ると言えます。

~額を出す髪型は清潔な印象を与える!前髪は短くすること~

女性の場合カットするのはちょっとと考える人も多いですから、その場合は長い前髪をピンなどで止めてサイドに流す髪型にすれば、長さを変えることなく印象だけをアップさせることが可能になります。
特に目がきちんと見えるかどうかは、写真の印象をガラリと変えてしまう要因となりますし、目が隠れている写真は総じて印象が悪くなりますので、必ず前髪をきちんと整えるようにしましょう。

就活用写真の髪型は応募者の第一印象を決定づける!しっかり整えてから撮影に臨むこと

就活用写真の髪型はその人の印象を決定づけてしまう可能性もある重要な写真と言えます。
たかが写真と侮っていると手痛いしっぺ返しを受ける場合もありますし、髪型が就活を行うのにふさわしいかどうかは、企業が採用するポイントとしても非常に大きなものだと言えます。
やはり第一印象は重要ですので、髪型にも気を配る必要があると言えるでしょう。