就職するにはどうすれば良いかと迷った時のポイント | 新卒就活.com

2016/09/14更新

就職するにはどうすれば良いかと迷った時のポイント

就職するにはどうすれば良いでしょうか?仕事の選び方には人によってさまざまな選び方があります。
職種で選ぶか、自分のライフスタイルで選ぶか、あるいは働きたい地域から絞るか…。ここではいくつかの就職の探し方の例を挙げていきたいと思います。

就職するには?と迷った時のポイント1,職種で選ぶ

就職するには、まずどんな職種に就くのかが大事になってくるでしょう。自分が学生時代に勉強してきたことや、好きなことに関連する職種を選択するのが良いと思います。

~先輩のデータは貴重な参考になる~

自分の今行っている学校の卒業生の就職先のデータを調べて見ましょう。自分が想像していなかった意外な職種もあるかもしれません。また、先輩のデータを見ることで自分の学校のレベルがどの程度なのかも知ることができます。

~好きでなければ続かない~

自分が勉強してきたことでも、好きでなければなかなか続きません。
とりあえず自分の家の近くの学校に通い、とりあえず学校で勉強したことが生かせるところに就職したものの、あまりその仕事が好きではなくて数年も経たないうちに辞めてしまうというj話を良く聞きます。長く続けられるような就職するには自分が興味をもてる好きな職種を選びましょう。

就職するには?と迷った時のポイント2,ライフスタイルで選ぶ

就職するには職種だけではなく、自分のライフスタイルにあっているかどうかも大切になってきます。給料はどれくらいか、福利厚生はあるのかどうか、自分にあうものを見つけましょう。

就職するには?と迷った時のポイント3,給料で選ぶ

やはり仕事に見合った給料がもらえなければ不満がつのるものです。自分が就こうとしている職種は、どれくらいの規模の会社ならいくらくらいの給料が普通なのかどうか調べておくと良いでしょう。

就職するには?と迷った時のポイント4,福利厚生で選ぶ

books-690219_640

福利厚生とは給料以外で会社から受けるサービスや援助全般のことを指します。最低限の保険料などは基本的に会社が払ってくれますが、自分でオプションを選べる会社などもあります。自分の生活や家族構成などに合った福利厚生のある会社を選ぶのも一つの手かもしれません。良いところに就職するには、目に見える給料などのお金だけではなく、保険料などの目に見えないところでかかるお金も考えておくのが良いでしょう。

就職するには?と迷った時のポイント5,働く場所で選ぶ

就職するにはどこで働くのかも人によっては非常に重要になってきます。自分の地元がよいのか、地元を離れて他の場所に出て行き長く住みたいのか、あるいはひとつところにとどまらず、いろんな地をまわってみたいのか….。さまざまに選択肢があります。

~地元の強さ~

地元で就職するにはいくつかの利点があります。実家から会社に通うのなら一人暮らしに比べかなり生活費を抑えることができますし、就活の際にも地元の学生のほうが優先的にとってくれる会社もあります。

~外に出たい人も多くいる~

地元から離れた場所で就職したいという人も多くいます。田舎に住んでいたので都会の就職に憧れる、あるいはその逆もあるかもしれません。また、一つの場所にとどまるよりも色んな地を渡り歩きたい人もいるかもしれません。そういう方は、全国規模の会社で何年かおきに転勤のあるところもありますのでそのようなところに行くと良いでしょう。

就職するにはどうすれば良いかと迷った時のポイントまとめ

就職するにはどうすれば良いのか、今回は職種やライフスタイル、勤務場所から選ぶ例を紹介しました。ここで紹介した以外にもさまざまな選び方があると思います。
どんな会社を選ぶのかはあなたの自由です。どうやって選ぶにせよ、自分にぴったりあったものを見つけるのは難しいかもしれません。これだけはゆずれないというところから就職先を絞っていくと良いでしょう。