就職で学校推薦を使う時のメリット・デメリット | 新卒就活.com

2016/09/07更新

就職で学校推薦を使う時のメリット・デメリット

就職で学校推薦を使う時のメリット・デメリットをお教えします。
就職時に学校推薦を使えば、その後の就職活動を有利に進めることができるでしょう。
学校推薦を使うときのメリット・デメリットを知っていれば自分に合うか・合わないかを知ることもできます。就活生は必見のページです。

学校推薦とは一体何なのか?

business-841174_1280

就職をするためには就職活動を行い、自分の目指す企業へ自由参加での申し込みとなります。
そのため全ては自分の能力や実績にかかっており、後ろ盾してくれるものが何もないのが実情です。
しかし学校推薦での就職の場合は、学校側がこの人は優秀なのでお勧めです、採用すれば企業のお役に立ちますといった後ろ盾をしてくれる状態となりますす。

~学校推薦は就職活動の内定率が自由応募に比べるとはるかに高い!!~

簡単にいえば学校推薦とは就職のための免罪符を手に入れたといっても過言ではないかも知れません。
そのため、自由参加での就職活動に比べ圧倒的に内定率が高く、早い段階で内定が決まるため卒業のための学業にも専念できるといえます。

学校推薦のメリットとは?

学校推薦での就職の最大のメリットは、学校がバックについてくれて推薦してくれているため、就職活動が非常に有利に進むということです。
特に学校との結びつきが強い企業に関しては学校推薦の威力はすさまじく、自由参加のような選考もほぼありませんし実施される採用試験の回数も少ないといえます。

~学校推薦は大学がバックについて推薦くれるため試験回数が少なく競争率が低い!!~

何より学校推薦の場合は推薦枠が限られているため、競争相手がほぼいないと考えても差し支えないのではないでしょうか。
もちろん他の学校からの推薦枠での参加者もいますので、100%就職が確定するというわけではありませんが、それでも自由参加に比べれば有利に就職が出来ることにはかわりはありません。

学校推薦のデメリットとは?

学校推薦で就職をする場合のデメリットは、学校との結びつきが弱い企業にはそれほど学校推薦の効力がないということです。
特に推薦枠がない企業の場合は就職において学校推薦は意味を成しませんから、学校推薦が生きてくるのは推薦枠があり尚且つ学校と企業の結びつきが強い場合に限定されてしまいます。

~自由応募での就職に比べて責任が重いのがデメリット!!~

学校推薦で就職した場合には、自由応募での就職に比べ責任が重いです。
もし企業を早々に退職するようなことになってしまえば学校の顔に泥を塗ることにもなります。
その後の企業と学校との関係にもヒビをいれてしまう可能性もありますので、学校推薦を受ける場合は慎重になる必要があるでしょう。

就職活動での学校推薦のメリットは競争率の低さ!デメリットは責任の重さ!

学校推薦での就職は確かに通常の就職よりも有利に物事を進めることが出来ます。
しかし学校推薦で入社できる企業が自分の進みたい企業絵はない場合もありますし、それを妥協して学校推薦で入社してしまうと入社後に必ず後悔する事態になるでしょう。
そのため学校推薦での就職も良いですが、それだけに縛られず自分の進みたい、就職したい企業をきちんと見つけ出すことが重要だといえます。
学校推薦はあくまでも就職活動のための一つの手段に過ぎません。
自分の目指す企業が学校推薦で入れるなら利用をし、そうでなければ今一度きちんと将来に向けての道筋を考える必要があるでしょう。