就職とは何かの質問に対する回答の考え方について | 新卒就活.com

2016/09/13更新

就職とは何かの質問に対する回答の考え方について

就職とは何かの質問に対する回答の考え方についてご紹介します。
「就職とは何か」この質問は面接などでよく聞かれる内容です。
まずは、就職活動をしている就活生にこの質問を投げる企業側の意図を知りましょう。
そして自分自身に「就職とは何か」問いかけてみることも大切です。

就職とは何かの質問に対する回答方法1,まずは考えてみる

hiking-691846_640
企業の採用面接などで、面接官から「あなたにとって就職とは何ですか」といった質問をされることがあります。
就職とは何か、これを不意に問われた場合、おそらくほとんどの人がすぐには問いに答えられないのではないでしょうか。

~就職とは=なぜ就職活動をしているのかにつながる~

これは当然といえば当然で、就活を行なっている人のほとんどが就職とは何かなど深く考えてはいないと思います。
ただ学校を卒業したら就職しなければいけない、そのために内定をもらわなければいけないと、必死になって就活をしているはずでしょう。
そう考えると「就職とは」という問いかけはなぜ、就活をするのかというのと同じ意味合いを持ちますので、非常に重い、そして深い問いかけだといえます。

就職とは何かの質問に対する回答方法2,企業の志望理由とリンクさせる

面接であなたにとって就職とはと聞かれた場合、どう答えるのが正しい答えなのでしょうか。
就職することには様々な理由があり、生活していくためのお金を稼ぐためというのも正当な理由ですし、自分の力を企業で試したいというのも理由としては真っ当な理由だといえます。

~その企業を選んで就職を目指している旨を伝えること!~

しかし、お金を稼ぐ、自分の力を試したいといった理由であれば、別に就職する必要は無く、起業して自分自身の力を試してお金を稼ぐことも可能なわけです。
そのため面接官が「あなたにとって就職とは何か」と聞いてきた場合、なぜこの企業を選んでこの場にいるのですかといった意味合いがあると考えたほうが良いといえます。
そのためその企業を選んで就職を目指している理由を明確に答えることが出来れば、その面接での評価は向上するのではないでしょうか。

就職とは何かの質問に対する回答方法3,熱意を伝える

就職とは何かという質問をされた場合に答えとして本当に適切なものは何でしょうか。
基本的に就職とは何かと聞かれた場合、お金を稼ぐこと、生活を支えるために必要なことというのが一般的な答えだといえます。
しかし就活で就職とは何かと聞かれた場合、そのような答えは答えになっておらず、立ったら別にこの会社で働かなくてもいいのでは?と面接官に思われてしまう可能性が出てきます。

~考え方は千差万別!その企業への入社意欲をアピールすること!~

もちろん就職とは何かという問いの答えは千差万別ですし、人によって就職の捉え方や考え方は大きく異なるといえます。
しかし就活を行なっている際に面接などで「就職とは?」を聞かれた場合には、その企業に勤めたい、就職したいという気持ちをどれだけ企業側に伝えられるかが重要となって来るでしょう。

就職とは経済的自立・自己実現・社会貢献!まずは自分なりの考えを出すことから

就職とは何かという問いは、就活の根底に関わる問題だとも言える非常に重要な問いかけだといえます。
そのため一度就職とは何かをじっくりと考えることも必要な作業だといえます。
就職とは経済的自立、自己実現、社会貢献の3つが就職ということだとよく言われていますから、自分の行なう就活は果たしてどれに当てはまるのかを考えてみると自分なりの就職というものが見えてくるといえます。

例えば「将来実現させたい夢があり、それを実現させるためにはどういった企業の仕事につく必要がある。それによってどのような成果を企業に与えることが出来るのか、それにより社会貢献も可能となるのか」といったように、就職というものはずべてに繋がっているといえます。
自分の目指す就職とは何かを明確にしていくことで、就活の道筋も見えてくるのではないでしょうか。