就職に必要なこととは?就活生の心構えについて | 新卒就活.com

2015/10/29更新

就職に必要なこととは?就活生の心構えについて

就活生は就活を始めるにあたって、就職活動サイトや、会社説明会、学校での授業、親、などの様々な人やモノから就職に必要なことに関する情報を得て就職していくことになります。
たくさんの情報に惑わされてしまう人もいるかもしれませんが、本当に就職に必要なこととは何なのか、考えていきましょう。

就職に必要なこと1,続けられる仕事を選ぶ

4IS_aozoratoshiroisakura-thumb-815xauto-13854

就職に必要なことを考えていくうえで、まず第一に大切なのはその仕事をやり続けられるかどうかということです。
どんなにいい仕事に就いたとしても、その人が続けられなければ意味がありません。
職種、給料、福利厚生、などなどの仕事の特性についてよく理解しながらどの仕事にするかを決めましょう。
新卒採用で最初の会社を合わないからといってすぐに辞めてしまっては、次の就職は一気に困難になります。
忍耐力のない人だとレッテルを貼られ、前よりも良い職に次に就くことは難しいでしょう。

~好きな仕事よりも続けられることの方が就職に必要なこと!~
 
仕事を続けられるかどうかの基準として、その仕事が好きかどうかは大切です。
しかし、好きなことでも毎日やっていたら飽きてしまうかもしれません。
単に好きなだけではなく、やりがいのある仕事を探しましょう。

就職に必要なこと2,正直な就活

就活サイトや就活本などの中には、履歴書やエントリーシートを自分で嘘の内容でも良いから少し盛って書くようにとアドバイスしているものもあります。学校の先生にも、「相手の企業に合わせて多少嘘でもいいからうまく書きなさい」と助言されたりする場合もあるかもしれません。
しかし、エントリーシートや履歴書などの企業への提出物はきちんと正直に書き、面接でも正直にしゃべるのが就職に必要なことです。
 
~嘘は面接で見抜かれる!ばれなくても入社後がつらいだけ~

エントリーシートや履歴書に嘘を書くと、小さな嘘だとしても大抵面接のときにばれてしまいます。
面接官は何人もの人を面接してきていますから、しゃべり方で「この人は嘘をついているな」というのがわかってしまうのです。
たとえうまく嘘をつけてばれずに合格したとしても、結局働き始めてから就職試験のときについた嘘で自分を苦しめることになってしまいます。

就職に必要なこと3,働く意欲を示す

現代の若者は、「将来は○○をやりたい」「こんな仕事に就きたい」という目標、夢を持っている人が非常に少ないです。
それよりもむしろ、「できるなら働きたくない」、「楽な仕事がしたい」といっている人のほうが多いです。
ですから、就職に必要なことは、とにかく「やる気をみせること」です。

~態度や姿勢でやる気をみせることが重要!~

面接ではこの企業で働きたい理由、この会社でどのように働いていきたいか、などを元気にハキハキと述べて、やる気を見せましょう。
企業は就活生の若い力に期待して、採用面接をしています。
就活生のやる気を見ているのです。
その期待に応えて思いっきりやる気をアピールしましょう。
やる気が出ないという方は、具体的に自分がその仕事に就いて働いている姿や家族を養っている姿を想像してみると良いかもしれません。

就職に必要なことは続けられる仕事選び・正直な就活・働く意欲をみせる心構え

以上就職に必要なこと、就活生の心構えについて紹介していきました。
就職に必要なことは、好きな仕事よりも続けられる仕事を選び、正直な就職活動をし、仕事に対するやる気を見せることです。
就職のために何が必要なのか迷っていたかたも、これら3つのポイントに気をつけて就職活動を始めてみてください。