就職に活かせる企業説明会の種類まとめ | 新卒就活.com

2016/09/15更新

就職に活かせる企業説明会の種類まとめ

就職活動に必ずと言っていいほど利用するのが企業説明会です。
会社の概要や現場の話など、様々な事を聞けるため、企業に対する理解を深めることが出来ます。
様々なニーズがあることから、説明会もいくつかの形態に分けられるようになりました。その説明会の種類をまとめたいと思います。

就職における企業説明会1,一社で開催する形式

children-403582_640
主催する企業が自社について説明するのが一般的な企業説明会です。ただ単に企業説明会と言えばこの形態を指すのが一般的です。
ポイントは、開催場所が場所がまちまちなことと、参加するためには予約が必要な事です。

~人数に制限があるため予約がとりずらい!~

就職のための説明会ため、多くの人に集まってほしいのが企業の本音ですが、一方で資料の印刷や会場の準備には費用が掛かります。
そのため人数に制限を設けざるを得ず、人気が集中する企業は予約がなかなか取れないこともあります。

また、近年は企業説明の後に直接選考会に移行する企業も増えていることも特徴として挙げられます。
その場でエントリーシートを渡される場合も多く、就職本命候補の企業であればこの形態を選ぶのがお勧めです。

就職における企業説明会2,複数社で開催する形式

複数の会社が集まって共同で企業説明会を開催する場合、合同説明会と呼ばれます。
主催するのは企業連合や自治体など様々ですが、多くの企業に触れる機会があることから人気があります。
ポイントは、予約が不要で、会場の出入りが自由なことが多く、一日に多数の企業説明会を受けることが可能です。
会場内の別々なブースで各企業が同じ説明会を何度も開き、その時間もバラバラなことから、効率よく回ることが重要になってきます。

~単独の説明会よりも時間が短く内容も薄い!ただし多数の企業を見られるメリットがある~

デメリットは目的意識を持って行動をしないと興味を持てる会社が一社もなく、徒労に終わってしまう場合があります。
あくまで、企業や就職に興味を持ってもらう場の提供であるため、単独の説明会よりも時間が短く、内容も薄い場合があります。
一方で、予約が必要がないことから、他の就活生の様子を見て就職に対する意識を改めると言った方法にも使える場とも言えます。

就職における企業説明会3,オンライン形式

近年では、ネットワークを駆使した、オンラン形式の企業説明会も増えています。
動画共有サイトを使用する場合や、無料通話ソフトを使う場合などがあり、コメントや音声でじかに質問をすることも可能になっています。
ポイントは、移動費などが節約できることと、スケジュールが比較的自由に組めることです。
もちろん予約が必要な企業説明会もありますが、就職関連の情報として過去の説明会の様子を動画で用意している企業も増えています。

~過去の説明会の様子を動画で用意している企業もある!~

説明会の心構えを取るために動画を見てから、実際にオフラインの説明会に参加する事も可能です。
比較的新しい試みですが、ネット関連のビジネスを行う企業では積極的に取り入れられており、経費の削減の面から就職のための説明会をネットワーク化する企業も増えています。

企業説明会は一社単独・複数社と合同・オンライン形式で開催される

就職活動のための企業説明会の種類をまとめましたが、それぞれにメリットがあるのが良く分かります。
単独の説明会だけでなく、様々な選択肢を組み合わせて効率的に活動することが就職の近道です。
本命が決まっているなら単独の説明会へ、本命がわからないならネット説明会から合同説明会に足を運ぶなど、多くの経験を積むことが将来に生きるのです。