就職の志望動機を書く際のコツとは | 新卒就活.com

2015/11/05更新

就職の志望動機を書く際のコツとは

就職の志望動機を書く際についてご紹介します。
エントリーシートや履歴書、職歴所と、必ず書く必要性が出てくる就職の志望動機ですが、曖昧な表現ではすぐに落とされる一方、気合を入れ過ぎても的外れになってしまう可能性があります。
バランスをとるには何が重要なのかを探ります。

就職の志望動機を書く際のポイント1,本命のつもりで書く

PAK95_shibuyaskoomori20141018113759-thumb-815xauto-17727
就職の志望動機は人それぞれで、条件や環境に惹かれた人も多くいるはずです。
昔からの目標に向かって就職する人が多数派と言える根拠はなく、自制の影響を受ける人も多いのです。
そんな中で就職の志望動機を書こうとしても迷うことは多く、迷いは文章面で現れ、大きな影響を与える可能性があります。

~滑り止めの企業でも本命のつもりで書くこと~

例え、滑り止め目的の企業であって、履歴書などを書くときは、ここ以外本命はないと言う覚悟が必要です。
覚悟がないのなら、面接で面接官に第一志望を聞かれた時に、御社ですと真っ向から答えることは出来ないのです。
正直に答えた上で、理由まで話せれば問題ないと言う採用担当者もいますが、そういった担当者に恵まれる可能性も、面接で説明しきれる保証もないため、避けるのが無難と言えます。

就職の志望動機を書く際のポイント2,キャリアプランを立てる

就職の志望動機に待遇の良さをあげることもできますが、それだけではマイナスになってしまう可能性が高いと言えます。
自分の生活を充実させることも重要ですが、一方で企業への還元や、自分の成長に結び付けなければ展望があまりないと思われてしまいます。
企業は新入社員に可能性を求めるものです。

ベンチャー企業などではもっと大きな野心や、独立心が求められることもあります。

~志望する企業に沿った将来の展望を明確にする必要がある~

待遇の良さに惹かれたのなら、給料の多さや、休暇の多さをどこに活かすのも重要なのです。
資格の取得はもちろん、将来の独立に向けた勉強も評価ポイントに入ります。
現在や目先のことだけでなく、将来に向けた投資を含めた筋立てが、就職の志望動機に説得力を持たせることが出来るのです。

就職の志望動機を書く際のポイント3,必然性を説明する

就職の志望動機と将来に向けた筋立てが見えれば、志望動機にも必然性が浮かび上がってきます。
給料や休暇の多さは自分を活かせる可能性であり、その企業でなければいけない必然性になります。
また、給料や休暇と言った条件面ではなく惹かれることがあれば、それを就職の志望動機として説明すればよいのです。

~必然性を説明するためには志望動機の根拠を明確にする必要がある~~

他人にとって重要かではなく、自分にとっていかに重要な要素なのかを説明すればよいだけです。
志望動機が必然性を帯びた場合、おのずと面接官や人事の評価は上向くと言えます。
その必然性を説明するためにいかに言葉を尽くせるか、表現に心を砕けるかが重要になると言えるのです。
特に活気がある人材を求める企業は、多少言葉足らずでも、意欲や気持ちで採用を決める場合も多いのもポイントと言えます。

就職の志望動機で重要なのは真剣な気持ちを表現すること!

以上、就職の志望動機を書く際のコツについて紹介していきました。
就職の志望動機は重要なポイントで、様々なところで聞かれ、書類でも良く読まれるポイントとなります。
中途半端な気持ちであれば見透かされることも多く、いかに真剣な気持ちであるかを表現できるかが勝負です。
例えすべり止めであろうと、その企業でなければいけない特徴を掴むのも重要で、その真剣さ、必然性は履歴書などにも確実に現れるものなのです。