就職を成功させるための履歴書の書き方とは | 新卒就活.com

2016/09/13更新

就職を成功させるための履歴書の書き方とは

就職を成功させるための履歴書の書き方とは何でしょうか。就職を成功させるためには、履歴書をしっかりと書く必要があります。
履歴書は最終選考まで見られるもの。最後まで見られることを意識した履歴書作りをしてゆきたいものですよね。
就活生は必見のページです。

就職するためには履歴書は必要な書類!!

kodomo
就職活動において最初の関門は書類選考です。
履歴書や職務経歴書などを送付する場合がほとんどです。

中でも履歴書はどんな就職でも必ず必要になる書類です。
応募者がどんな人物であるのかを表す種類でもあります。

~読み手が分かりやすいように履歴書を作成すること~

そのため履歴書の書き方にも注意が必要です。
市販の履歴書を購入すると、書き方の見本が入っているものが多くあります。
その書き方の見本以外にも、ネットの専門サイトなどでも書き方が掲載されているものがあります。

履歴書の書き方はだいたい決まっています。
しかし、書き方によって採用担当者にわかりやすいものと分かりにくいものが出てきてしまいます。
なるべく読み手がわかりやすいように履歴書を作成することも大切なことです。

就職セミナーで履歴書の書き方を学ぶのもOK!!

また就職セミナーなどでも、好印象をもたれる履歴書の書き方を伝授している講座もあります。
履歴書や職務経歴書などをより効果的な書き方を知るためにも、そういった就職セミナーなどを活用するのも良い方法です。

ほとんどの企業が最初に書類選考を行っています。
企業の中には履歴書も所定の用紙に記載の指示を出してくることがあります。

~応募企業を決めてからその企業に向けて履歴書を作ること~

写真の大きさは履歴書用では一般的なものは同じサイズです。
しかし、所定の履歴書の場合は写真のサイズも大きかったりして、普通のサイズと異なることがあります。

あらかじめたくさんの履歴書を作成しておく人もいますが、このような指定の履歴書を作成することもあるので注意が必要です。
応募する企業を決めてから、その企業に向けた履歴書を作成するほうが良いかもしれません。

就職のための履歴書は心を込めて作成することが大事

履歴書は就職を希望する企業に向けて、心を込めて作成するようにしたいものです。
特に履歴書は手書きなので、書き方が丁寧であればそれが表れます。

逆に書き方が適当なものは文字が読みにくかったり、急いで書いていることがバレてしまうでしょう。
中でも、志望動機は履歴書の中でも大切な項目です。
事前に文章をよく考えてから、履歴書に書いていくと良いでしょう。

~志望動機は前向きな意欲を感じさせるようが好感触~

志望動機は前向きな意欲が感じられる文章のほうが、採用担当者に好感が持たれます。
学生の人は今までの就職の履歴はありませんが、アルバイトでもこれからの仕事に役に立つようなことがあれば書いていくのも良いでしょう。

他にも学生時代に頑張ったことなどをアピールしていくのも良いですね。
取得した資格を書いて、仕事に役に立つことをアピールすることも効果的です。

就職を成功させるカギは履歴書作成から始まっている!!

できるだけ読みやすくて分かりやすい書き方で、履歴書を作成するようにしましょう。
だらだらと長い文章では相手も読みにくく、あまり良い好感は持たれません。
短い文章の中に、いかに自分の意志や意欲を簡潔に伝えていくかも、上手に履歴書を作成するコツになります。

履歴書を作成することは就職活動の時期だけであり、一生のうちでそれほど多いことではありません。
それだけに履歴書の書き方には十分に気を配って作成したいものです。

就職が成功するかどうかは履歴書作成から始まっています。
一つの書類をきちんと作成できるかどうかは社会人としてもっとも基本的なことであり、今後はさらに当り前のことになっていきます。

社会人になるという意識を持ち、きちんと書類が作成できる技術を習得していきましょう。