就職を絶対に成功させる自己PRの書き方 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

就職を絶対に成功させる自己PRの書き方

就職をつかむためには、正しく適切に自己PRをしていく必要があります。
自己PRを上手くしていくことで、相手ははじめてこちらを魅力的に思ってくれるのです。
そこでここでは、就職をつかむための正しい自己PRの書き方を紹介させて頂きます。魅力的な自己PRで就職活動を成功させましょう!

就職を成功させる自己PRの書き方1,冒頭はアピールポイントから

exchange-of-ideas-222787_640
就職をつかむための自己PRの書き方では、まず経験や性格のアピールポイントから始めるというのが正解です。
最初にそうして経験や性格の長所を示してあげることで、その後の文章が読みやすくなります。
まずは結論であるアピールポイントを述べるというのが、自己PRの書き方として定番化しているのです。
まずはその自己PRの定番を崩さず、形に乗っかりアピールしていくと良いでしょう。
ただしそこには注意もあります。

●「○○力」をアピールするのはNG!!

自己PRの冒頭でそうして結論からアピールする書き方をしようとすると、「私がアピールしたいのは、○○力です。」という書き方をしてしまう方も多いと思います。
しかし、その自己PRでは良くありません。
それは経験のエピソードなどを見て相手が決めることですので、就職をつかむためには「私がアピールしたいのは○○という経験です。 」という書き方などにかきかえると良いでしょう。

就職を成功させる自己PRの書き方2,根拠であるエピソードは具体的に!

そうして注意しつつ結論をまとめたら、次に就職をつかむための自己PRに書いていくべきことは、その経験でのエピソードや、性格などのアピールポイントの根拠となるエピソードです。
こんなことがあったから、こんな性格になったとか、こんな苦労があって、こんな工夫をしたというエピソードがあれば、より結論に信憑性がでて、印象が良いです。
ですから、自己PRでは結論の次にはエピソードを書くという書き方で進めましょう。

●再現性をもたせるためにも最近のエピソードを用意!

エピソードは、なるべく最近のモノにしておきましょう。最近のエピソードがないというと、「最近はあまり充実してなかったのかな」と思われてしまいます。
すると、そのアピールポイントの再現性が損なわれてしまうのです。
それでは就職をつかむことも難しくなるでしょう。ですからそうならないように、自己PR内のエピソードは最近の物を用意するというのが、正解の書き方となるのです。

就職を成功させる自己PRの書き方3,会社での活かし方を述べる

就職をつかむために自己PRに書いていくべき最後のポイントは、その経験や性格をこれから仕事にどう活かしていくのかということです。
そういうことを書いていく書き方をすると、最後にもう一度アピールポイントを示すことができて印象が良くなりますし、仕事への真摯な姿勢もアピールできてそういう面でも印象が良くなります。ですから自己PRとしては非常に理にかなった書き方なのです。

●具体的にどのように仕事で活かせるのかを記載する必要がある!

ただしそれは、抽象的なことでは意味がなく、具体的に書いていく必要があるのです。
そのためにはきちんと会社のことを調べて、具体的にどういう仕事内容で活かせるかを事前に調べていく必要があるでしょう。
ですからきちん企業を研究した上で、志望先の会社での活かし方を自己PRの最後の部分を書いて就職をつかみましょう。

就職を成功させるためには自己PRに仕事への活かし方を組み込むこと!

以上、就職をつかむための正しい自己PRの書き方のご紹介でした。
こういう3段落の書き方で書いていけば、読みやすい上に的確なアピールもできてとても有効です。
ですから、就職をつかみたいのであればこういう自己PRの書き方をしてアピールしていってください。