就職キャリアの組み立て方とアピール術 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

就職キャリアの組み立て方とアピール術

就職キャリアの組み立て方について把握していますか?
それに併せて採用通過につながるアピール術を見ていきましょう。
就職キャリア、つまりはキャリアプランを組んでおくことで、面接においてブレない軸をアピールすることが可能です。
では就職キャリアの組み立て方とアピール術についてみていきましょう。

就職キャリアは企業にとっても重要!

woman-737439_640

就活をする上で重要となってくる要素はいくつかあります。
しかし一番重要となってくるのは「自分が何をしたいのか」をはっきりとさせることです。
目標設定をしっかりと定めておくことで、ブレることのない将来のビジョンをも描けるからです。
これは就活生本人だけでなく、企業にとっても採用の判断材料となってきます。自らの就職キャリアが明確な人材ほど、有益と見る傾向にあるからです。

●就職キャリアを定めている=目標がある=挫折を感じさせないイメージを抱く

就職キャリアを定めている人材は、意志が強く挫折を感じさせないイメージを持たれます。
そのため、長く働いて欲しいと考えている企業からしてみれば、ただ流されるだけの人材を採用するよりもよほど安定感を感じるからです。
面接時に就職キャリアを探ることで、「どれくらいの期間働いてくれるか」をも見ているのです。

就職キャリアを固めすぎるのは危険!

変化の激しい時代において、あまりにも就職キャリアを固めすぎてしまうのは逆効果です。
ある程度の確固たる意思の強さは必要ですが、ガチガチに固めすぎることで「思い通りにならなかったら……」「異動させにくそうだ……」といった企業側に採用のリスクを感じさせてしまうことになります。

●企業は急な変化にも柔軟に対応できる人材を望んでいる

柔軟性のない人材は、当然企業からしてみれば使いにくいものです。
つまり、企業のその時その時期における状況に応じて、変化に柔軟に対応できる人材が好まれるのです。
就職キャリアは柔軟性を加味した組み立て方をするようにしましょう。軸がブレることのない、最終到達点をしっかりと決めておくことです。

就職キャリアは具体性が大事!

就職キャリアの具体的な描き方は「どんな仕事をして」「何を実現するか」という2点が必ずあることです。
たとえば「エンジニアのチーフを目指し、まだ世に出てない新しいアプリを開発したい」というビジョンを明確にしておくことです。

●目標を実現させるためにやるべきことを明確にしよう!

就職キャリアを思い描いたら、それを実現するために何を学んでいけばいいのかも考えておきましょう。
これはガッチリと固めないほうが柔軟的です。企業の理解、方向性、特化すべき分野など……要素はたくさんありますが、企業と就職キャリアのマッチングを念頭に置いて、何をどう行動していくつもりなのかを明確にしていきましょう。

就職キャリアは固めすぎずに目標に向けた明確なビジョンを描くこと!

就職キャリアの組み方の基礎についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
就職キャリアを定めていく上で重要となってくるのは、『ゴールを明確にしておくこと』と、『固めすぎないキャリアプラン』です。
その上で、志望する企業とのマッチングを織り交ぜてアピールすることで、就活をうまく運ぶことが可能となるのです。ブレのない人材ほど、企業にとっては魅力的に見えるということですね。