就職内定が出ない学生の3つの特徴とは | 新卒就活.com

2016/08/04更新

就職内定が出ない学生の3つの特徴とは

就職内定が出ない学生の3つの特徴とは何でしょうか。
今後、就職活動をしてゆく上で就職内定が出ない学生の3つの特徴を知っておけば自分がそれに当てはまらなければ良い話ですよね。
内定奪取のためにも、特徴を踏まえておきましょう。

就職内定が出ない学生の特徴1,準備不足

60ab2a00855e1bf89be3d54adcad063a_s

就職内定が出ない学生については共通する特徴があります。

就職内定が出ない学生の特徴を知ることでそれを反面教師として就職活動を薦めましょう。

まず、1つ目の特徴としては事前準備が不足しているという事です。

事前準備としては企業の情報を知ること、そして面接内容を準備する事の2つがあります。

面接の中で企業の面接担当者が自社の事について質問をするケースは十分想定されます。

~会社案内について目を通しておく!!最低限のポイントは答えられるようにする~

そのような場合に全く知らないという回答をするよりも、多少は知ってるという回答を
した方が面接に臨むにあたっての真剣さが感じられるというものです。

会社案内には目を通しておき、その中で分からない事や興味が湧いた事があれば調べておくようにしましょう。

次に面接内容についての準備です。

面接は事前に対策が出来ないという意見もあります。

ただ、「志望動機」や「自己PR」、「学生時代に頑張ったこと」のようにどの会社でも共通して聞かれるポイントがあります。

これらの内容については最低限でも準備しておきましょう。

回答の内容を準備しておくのに加えて、鏡に向かって話す練習をしてみたり、家族や友達相手に模擬面接をして堂々としゃべれるようにしておきましょう。

就職内定が出ない学生の特徴2,失敗した面接の反省をしない

「失敗は成功の母」ということわざもあるように失敗から学ぶ事で人は成長するものです。

面接で落ちた際に、「自分には合わなかった、次」と考えるのと、「何が良くなかったんだろう」と考えるのではその後の結果に雲泥の差が出てしまいます。

自分で問題があったポイントを考えるのに加えて、家族や友人等に指摘を求めるのも非常によいでしょう。

~就職内定が決まった友人にアドバイスを求めよう!!~

中でも就職内定が決まった友人にアドバイスを求めるのは効果的です。

就職内定が決まった友人は何かしらのコツをつかんでいる可能性があります。

そのような友人からアドバイスをもらうことで内定者の思考回路を学ぶことが出来ます。
ぜひ他者からの意見を求めるようにしましょう。

就職内定が出ない学生の特徴3,熱意が感じられない

新卒採用というのはそもそもまだ実績も何もない新人を将来性を見込んで就職内定を出すというものです。

面接の段階で熱意が感じられない新人に企業が将来性を見出すでしょうか?

企業に将来性を見てもらうためには熱意を感じてもらう事が必要です。

~就職内定が決まらない学生は「学生気分が抜けていない」人が多い!!~

就職内定が決まらない学生は「誰かが何とかしてくれる」という受け身の姿勢があったり、学生気分が抜けきらないでいる人が多いようです。

「みんなが就職するから」、「就職しないと世間体が悪いから」等と考えるのではなく、もう一度自分の将来を考えてみて、ワクワクするような未来を夢想してみましょう。

その夢想した未来を実現するためにはどの会社・どの職業を選べばいいのかという観点でもう一度就職先について考えてみる。

そして、自分が納得した状態で面接に臨めば自然と言葉にも熱意が生まれるでしょう。

就職内定が出ない学生を反面教師として見よう!!面接に対する熱意は自然と生まれて来る

就職内定が出ない学生の3つの特徴を見てきました。

これらの特徴を踏まえて就職内定が出ない学生になるためには、まず就職活動を始める前に自分の未来を思い描いてみる必要があるでしょう。

それも出来る限り世間体等を取っ払って、自分がわくわくするような未来を描く事です。
そしてその未来を実現するための就職先を選ぶようにします。

これによって自然と熱意は生まれてくるはずです。

後は企業とよく聞かれる面接の質問については事前に準備して面接に臨む事。

そして、面接でダメだったら、内定者のアドバイス等を参考にしながら改善点を見つけて再度面接に臨む事。

このような流れで就職活動を進めれば、きっと早期に就職内定を勝ち取る事が出来るでしょう。