就職合同説明会に参加する際の心構えとは | 新卒就活.com

2016/09/07更新

就職合同説明会に参加する際の心構えとは

就職合同説明会に参加する際の心構えについてご紹介します。
就職合同説明会を利用する就活生の方は多いと思います。
就職合同説明会には就職活動には欠かせない企業や業界の情報が、一か所に集まる場でもあります。
ですから就活生の皆さんには、積極的に参加することをオススメします。

就職合同説明会とは何か?

PAKS_bigsite1firiguchi-thumb-1000xauto-15455
就職活動を開始した場合、進みたい業種や企業の説明を聞く必要が出てきます。
通常であれば1社ずつ説明会に参加する必要が出てきますが、近年では就職合同説明会と呼ばれる複数の企業が合同で説明会を行なうスタイルが一般的となってきています。

~一つの会場で色々な企業の説明を聞ける!就職の視野が広がるキッカケにも~

この就職合同説明会には様々な業種の企業が参加しています。
ですから一つの会場で色々な企業の説明を聞くことができるため、就活において時間の短縮もできます。
また複数の企業を比べて話を聞くことも可能になります。
そのため就職合同説明会に参加したことで、今まで考えていなかった就活の道が開けることもあります。

就職合同説明会に参加する際の心構え1,参加する企業側の事情を知る

就職合同説明会は就職活動している学生にもメリットがありますが、就職合同説明会を企画し開催している企業にもメリットがあります。
就職合同説明会は単なる企業の説明会ではありません。
その説明会ですでに参加者のチェックをしており、優秀な人材がいないかどうかを調べる場でもあるわけです。

~参加者の中から優秀な人材を探して早めに確保しておく狙いがある!~

そのため企業が欲しいと思った人材には積極的に声をかけて、就職合同説明会後の後日行なわれる会社の説明会などにも呼ばれるケースもあります。
そのためただの説明会という気持ちではなく、すでに選別は始まっているという気持ちで就職合同説明会に臨む必要があります。

就職合同説明会に参加する際の心構え2,ビジネスマナー

就職合同説明会は参加者を非常によく見てチェックしています。
そのため参加する服装や言葉遣い、ビジネスにおけるマナーなどもきちんとチェックされていると考えたほうが良いでしょう。
華美な服装、ラフな服装、だらしない服装での参加は無論NGです。
言葉遣いが悪いのも大きなマイナスだといえます。

~身だしなみや言葉遣いには気を配ること~

企業が最もチェックしているのはマナー面です。
就職合同説明会でマナーが為ってない人は、会社に入ってからのマナーにも影響すると判断されます。
他の就職合同説明会や合同説明会に参加していた企業の説明会に参加した場合、以前のマナーなどが問題となる場合もあるので注意が必要です。

就職合同説明会に参加する際は最低限のビジネスマナーをしっかり勉強しておくこと!

就職合同説明会に参加をする場合、本番のつもりで参加するくらいの心構えは必要だといえます。
就職合同説明会といえどもすでに他の就活生との生き残りをかけた戦いは始まっているといえます。
身だしなみや言葉遣い、エントリーシートの書き方やビジネスマナーなど全てにおいて事前にチェックを行い、万全の状態で就職合同説明会に参加する必要があるといえます。
就職合同説明会での企業への印象が良ければ、それだけ就職に近づくといえますので、気を抜かずしっかりとアピールできる状態で参加をしましょう。