就職履歴書の書き方で重要な記載順序について | 新卒就活.com

2016/08/04更新

就職履歴書の書き方で重要な記載順序について

就職履歴書の書き方にも記載順序があります。
ただ淡々と書いただけで『足らない』ので注意が必要です。
自然に読みやすい就職履歴書の書き方ができた!と浮かれてしまうのは時期尚早。
採用担当にとって見やすい就職履歴書の書き方になっていますか?もう一度確認してみましょう。

就職履歴書の書き方1,まずは結論から

recommend-315914_640

就職履歴書、つまりは職務経歴書を書く際にやってしまいがちなのが、自己満足で終わってしまう就職履歴書の書き方です。
ありがちなのが「私は○○年より△△商社に営業として勤め……」といった物語を語りだしてしまう書き方です。
たしかに就職履歴書では「職務履歴」を書くのですが、ただ素直に変遷を書き連ねていっても、採用担当者からしたらどうでもいいことです。
そのため、まずは一番言いたいことをはっきりと書く必要があるのです。

●採用担当者が一目で内容が把握できる書き方をしよう!

就職履歴書の書き方は『ひとめで理解してもらえる』内容にするようにしましょう。先に述べたようなストーリーテリングをしても、書類選考という場では攻撃にすらなりません。パッと見ただけでその人の能力がイメージできる。そんな就職履歴書の書き方をするようにしましょう。

就職履歴書の書き方2,次いで根拠に入る

結論を記載したら、当然そのための根拠を次に持ってこなくてはなりません。
結論を証明するための証拠となる「実績」や「これまでの経験」ですね。
アピールしやすい要素として、数値を書き込むと業界によっては強みとなります。

●大げさに書くと信憑性にかけるので注意が必要!

就職履歴書の書き方として、おおげさに書きすぎないことも注意すべきひとつです。
いくら大きな成果を生んだからとはいえ、信ぴょう性に欠けるような書き方をしてしまうとむしろマイナスです。
あくまでも事実の範疇で根拠付けをしていくようにしましょう。大げさに書きすぎた結果、入社後に落胆させてしまう・・・というリスクも生じてしまいます。

就職履歴書の書き方3,意欲と熱意でたたみかける

最後に意欲や熱意などの、応募企業で働くための姿勢を書き込みます。
せっかくアピールできる場でもあるので、結論・根拠と続けたら当然熱意を加えてたたみかけていかなくてはもったいないです。
とはいえ、ここも長々と書きすぎてしまわないように気をつけなくてはなりません。

●自身の強みが企業でどのように貢献できるのか具体的に書くこと!

結論を述べ、根拠で次ぎ、最後に熱意でたたみかける。
しっかりとこの3つの流れに沿った意欲・熱意の書き方をするようにしましょう。
きちんと一貫性を持たせた上で、そのスキルをどのように活かしていきたいと思っているのかをハッキリと書いてください。
貢献する、という大前提を忘れてはなりませんよ。

就職履歴書の書き方は結論→根拠→意欲の順序がベスト!

就職履歴書の書き方についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。
就職履歴書を目にするのは、志望企業の採用担当者です。
いくら自分で満足のいく内容に書き上がったとしても、その書面に魅力を感じるかどうかの判断をするのはあなたではないのです。
ここでご紹介したような、ハッキリと言いたいことが伝わるような「就職履歴書の書き方」をするように心がけ、転職活動に望むようにしましょう。