就職採用試験の種類と対策について | 新卒就活.com

2016/08/04更新

就職採用試験の種類と対策について

就職採用試験の種類とその対策について見ていきましょう。
試験直前になって焦らないことがまず第一です。
ここで紹介する就職採用試験の種類は、面接・WEBテスト・適性検査です。それぞれ最低限とっておきたい対策について把握しておくべきです。

就職採用試験の種類1,面接

hot-air-balloons-439331_640
就職採用試験の種類としてまず外せないのが「面接試験」です。実際にともに働く人材を確保したいのですから、一度くらいは顔を合わせるのは当然です。面接では、人柄・ビジネスマナー・意欲など、すべての側面から採用の可否を判断されます。
その中でも特に対策をとっておきたい最低限のラインが「ビジネスマナー」です。

●面接の対策はマナーの反復練習が大事!

就職採用試験の面接の対策として特に重きをおくポイントは、ビジネスマナーを押さえているかという点でしょう。
入室から着席、さらには服装・髪型などの身だしなみ。それらをしっかりと予習し、行動のマナーに関しては反復して練習しておくようにしましょう。
中途採用者の場合、ビジネスマナーがある前提の場合が多いため、特に注意です。

就職採用試験の種類2,適性検査(WEBテスト)

就職採用試験の2つ目の種類は「適性検査(WEBテスト)」です。
ひとによっては「SPI」や「玉手箱」といったワードを聞いたこともあるのではないでしょうか。これもやはり事前の対策が重要となってきます。

●WEBテストの種類1,玉手箱
計数・言語・英語の能力検査と性格検査で構成されています。
傾向として論理的な出題が多いです。

●WEBテストの種類2,SPI3・SPI2(テストセンター)
リクルート社の就職採用試験です。
基礎的な問題が多く、非言語では「推論」に傾向があります。

●WEBテストの種類3,WEB-CAB・WEB-GAB
WEB−CABの検査項目は、四則逆算・法則性・命令表・暗号・性格の5つで構成されている就職採用試験です。
WEB-GABにおいては計数・言語・性格の3項目のみです。

●WEBテストの種類4,TG-WEB
玉手箱と同様、計数・言語・英語の能力検査と性格検査が基本です。
旧タイプと新タイプがあるので、どちらの就職採用試験なのか確認してからの対策が必要です。

就職採用試験の種類3,性格検査

性格検査の対策としてはとてもシンプルで、『嘘をつかない』ことが重要です。
そのときの気分で回答したりせず、一貫して素直な自分を意識しておくようにしましょう。

~一貫した回答が必須!矛盾が生じないように意識すしよう!~

性格検査では似た問題が出題されるケースが多いです。正誤を確認されてしまうので注意です。
もし矛盾が生じてしまうと、回答に対する信憑性がなくなってしまいます。
ですから自己分析をしっかり行い、固定された自分という人間を把握することが大事です。

就職採用試験で重要なのは第一印象!まずはビジネスマナーからチェック!

就職採用試験の種類(WEBテストの種類)とその対策について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?
面接ではマナー、適性テストは毎日の勉強、適性テストは直感で答えること。
特に面接における第一印象は重要です。
第一印象は最初の10秒で決まると言われています。まずはビジネスマナーを身につけるところから対策を立てるようにしましょう。