就職日について知っておきたい豆知識 | 新卒就活.com

2016/09/15更新

就職日について知っておきたい豆知識

就職日について知っておきたい豆知識をご紹介します。
企業に入って最初に出勤する日となるのが就職日です。
ですが、企業によってはしっかりと明示していたり、応相談であったりと、対応はバラバラです。
業種による違いがわかっても、相談の場合対応に困る、そんな就活初心者の為に違いを解説します。

就職日に関する豆知識1,大量採用か少数採用か

time-839884_640
就職日がどうやって決まるかは企業によって様々ですが、一日も早く新人を迎え入れたい状態であるか、体制を整えてからの方が良いのかも各企業で異なってきます。
その中で、日程を決めるのに大きな意味を持つのが採用人数です。
大量に新卒者を迎え入れる場合は、新人研修などを一括で行った方が効率的です。
そのため、一斉に研修などを始める関係上、日程を決めて行うケースが多くなります。

~採用人数によって就職日は変わる!~

また、採用する人数が一人や二人と言った少人数の場合は、一斉に新人研修をする必要性が無いため、応相談とすることで応募者の幅を広げられる可能性があります。
地方からの就職者などは、引っ越しの都合が絡む可能性もあるため、柔軟性があった方が動きやすくなります。
自分に合った就職日を選べるかで、応募を決める人もいるのです。

就職日に関する豆知識2,入社日が決まっている場合と相談の場合

就職が決まり、就職日が決まっているなら、当然ながら出社日の前には所定の手続きはすべて終わらせる必要があります。
書類の送り忘れや、日程について確認し、スーツの準備なども終わらせる必要があります。
一方、応相談の場合は履歴書の時点で出社可能日を記入することや、面接の際に話し合いの場が持たれることが通常です。

~新卒採用の場合は4春・2次募集の場合は相談して就職日を決める傾向がある~

就職日は新卒採用であれば4月採用と言う場合が多く、事情があって2次募集などで入社する際などは内定をもらってからどれくらいで出社可能かなど、具体的な説明を行うのが重要です。会社任せにするのではなく、可能な限り早い時間を示した方が好感度が上がります。
それだけ熱心で、早く働き始めたいと言う気持ちとして受け止められるからです。引っ越しなどが伴い、時間がかかる場合でも目安となる日程を伝えることが重要です。

就職日に関する豆知識3,ビジネスマナーを勉強しておこう!

就職日が明確になったら、ハッピーエンドではなく、社会人生活の為の基礎知識などを学ぶ必要があります。
就職活動で見につけた知識と、現場で役立つ知識は別な場合もあるため、自信があっても挨拶のマナーなどをおさらいすることが必要です。
また、縁起を担ぐ風習が強い業界や、地域によっては企業の風習自体が特異な事もあります。
入社後のスタートダッシュのためにも覚えておきたい情報です。また、新入社員は自己紹介の時間が設けられる事も多いため、

~就職日前日までに自己紹介を考えておくと吉!~

短くまとめた自己紹介のスピーチを考えると本番で緊張し辛くなります。
一言二言で済ませる企業もあれば、長い時間をとる企業もあります。
長い時間を与えられ場合は、その場で追加する形で基本は最小限でまとめておくのがお勧めです。
こちらも、就職日の前日までには用意しておきたいところです。

就職日は決まっている場合と会社と相談して決めるケースがある

就職日が決まると言うことは、企業として目安でしかなくても、個人からすれば就職が決まる事とイコールです。
日程を相談できる場合であれば、熱意を見せるために早目の日程で申告したいものです。
一方で、就職日は社会人生活の第一歩目でもあるため、事前の準備を怠らず、悔いのないスタートを切ることが肝心と言えます。