就職活動する上での第二新卒の考え方 | 新卒就活.com

2015/11/30更新

就職活動する上での第二新卒の考え方

第二新卒の就職活動は、新卒時に行ったものとは異なり、様々な注意点が存在します。
この注意点を無視していては、第二新卒の就職活動はうまく行きません。
どのようにすれば希望の企業に就職できるのか、第二新卒の就職活動について解説していきます。

就職活動をする第二新卒の考え方1,立ち位置を知る

kayak-846078_640
まずは第二新卒に関して説明していきたいと思います。
第二新卒とは、新卒時の就職活動から3年以内に、再度就職活動を始めた20代の若者のことをさします。
メリットとしては、これまでの経験を活かし、本当に自分が希望する職種や業界に就職することができる、と言うことです。
新卒時は良くも悪くも何も知らない時期であり、人によっては入社後に現実と理想のギャップに苦しんだ人もいるかもしれません。
第二新卒ではある程度の経験をもって就職活動をすることができるため、極力ギャップを小さくすることができるのです。

~第二新卒は早期退職という懸念を抱かれやすい~

第二新卒のデメリットは、また仕事が続かないのではないか、という目で見られる可能性があるということです。
採用された場合も数か月は内部からの風当たりもあるかもしれませんが、あとは時間が解決してくれるまでがむしゃらに頑張るのみです。

就職活動をする第二新卒の考え方2,職務経歴書の重要性

第二新卒の就職活動には、職務経歴書と呼ばれるものが必要になります。
職務経歴書とは、履歴書の自己PR部分をさらに拡充させた、自分を売り込むためのプレゼンツールとなるものです。
これには決まった書式はなく、比較的自由に自分の強みを書いていくことができます。
自分で考えて書くのが苦手な場合は、市販の書式もありますので、そちらを利用するといいでしょう。

~履歴書以上に採用担当者が重要視する傾向がある!~

第二新卒は、新卒時と違いこれまでの経験が直に就職活動の結果に響いてきます。
採用担当者も履歴書以上に重要視する傾向にあるので、内容をよく考えて書かなければなりません。
このように、第二新卒にとっても、採用担当者にとっても、職務経歴書は大切なものと言えます。

就職活動をする第二新卒の考え方3,新卒との違い

第二新卒の就職活動は新卒時のものとは大きく勝手が違います。
いくつか、注意点を確認していきましょう。

~前職の経験を十分に活かす~

第二新卒の強みは、前職での経験を就職活動に活かすことができる、と言うことです。
これは新卒にはない強みであり、自分のことをこれまで以上に分析することができます。
よかった点はそのまま引き継ぎ、改善すべき点は少しでもいい状況に持っていけるよう、考えて行動しましょう。

~職務経歴書は具体的なエピソードを書くこと~

職務経歴書に関しては、これまで自分がどんな業務に携わってきたのか、またそこでどのような利益をあげてきたのかを具体的エピソードで語っていくとよいでしょう。
そうすることで、自分の強みが採用担当者にしっかりと伝わり、採用される可能性もグッと高くなります。

就職活動する上で第二新卒は今までの社会人経験を志望する企業でどう活かせるのかを考えること

第二新卒の就職活動は新卒時のものとは若干勝手が違います。
ですが、根本的なところは同じで、自分の魅力を相手に伝え、採用してもらえるまでやる気と熱意を見せ続ける、といったことになります。
最後はあきらめない心がモノを言います、頑張り続けましょう。