就職活動でのSPIに関する内容と対策 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

就職活動でのSPIに関する内容と対策

就職活動の中で最近の企業の採用試験として注目されているのがSPIです。
就職活動をする上では、面接だけではなく筆記試験も一定レベル以上の点数を取ることも考えなくてはいけません。
ほとんどの企業で適性検査に代わり行われているSPIについて紹介します。

就職活動におけるSPIについて

test-986769_640
就職活動をする上で、SPIという言葉を初めて聞く人も多くいます。
SPIとは採用試験の中で、適性検査の代わりに用いられる筆記試験です。
適性検査の種類は企業により違いますが、就職活動の際に最も導入されているのがSPIなのです。
応募者が多い企業の場合、全員と面接をするのは困難です。
筆記試験でより優秀な人材を絞ってから面接をすることで、より合理的に選考を進めることができるのです。

【SPIの内容】

SPIの内容は、3つに分かれます。
「言語能力」 :読解力や表現力を調べる
「非言語能力」:物事の処理能力を調べる
「性格適性」 :適応能力を調べる

レベルに関しては中学生程度で、学習能力よりもその人の才能や性格を測るものと言って良いでしょう。

就職活度のSPI試験の受験方法

就職活動においてSPIは、エントリーシートを提出した時点、或いは書類選考の際に受験することになります。
これでふるいにかけられて残った人が面接まで行けることになります。
SPIを受験する流れとしては、「企業から受験通知が来る」→「企業指定の方法で受験する」→「企業に結果が報告される」というものになります。

【SPIの受検を形式】

就職活動をする上で、企業が採用しているのは主に以下の方法です。

●「テストセンター」:全国各地にあるテストセンターに就活生が行き、試験を受テストセンターの所在地は限られた都市になりますが、就職活動のシーズンには幾つかの臨時試験会場が設置されます。

●「インハウス」: 大手企業の場合、自社の会議室や貸し会議室で就活生を集めてSPIを行います。
資料やパソコンの用意が必要ですので、応募者を絞ってから最終面接の前に行うことが多くなります。

就職活動のSPI対策

就職活動のSPI対策に関しては、余り時間を割く必要はありません。
しかしSPIは問題数が多く、ちょっとしたひっかけもあるので、慣れない人はいざ本番になると手間取ってしまうこともあります。
まずは問題に慣れておくことで解答もスムーズにできるようになります。

【SPI試験の対策法】

就職活動のSPI対策としては、参考書を購入するのが一般的です。
各大学や専門学校では、SPI対策セミナーを開催してくれるところもあります。
自分では気が付かないポイントや攻略法を教えて貰えますので、一度参加してみる価値はあります。
自宅で勉強したい人には、ネット上で模擬試験が受けられます。
その他にもSPI対策アプリというものがありますので、時間が空いた時にこまめに勉強しておくことができます。

就職活動のSPIにはパソコンの処理能力も必要!模擬試験を受けておくのがオススメ

以上、就職活動のSPI試験についてご紹介しました。
就職活動においてSPIは、パソコンを使用することからもある程度の処理能力が必要となります。
筆記試験だと思っているとパソコンを目の前にしてもたついてしまうこともありますので、一度は模擬試験を受けておき、慣れておくとが大切です。