就職活動で採用を勝ち取るためのポイント | 新卒就活.com

2016/09/12更新

就職活動で採用を勝ち取るためのポイント

就職活動で採用を勝ち取るためのポイントについてご紹介します。
就職活動の最終的な目的地は「内定」つまり「採用されること」です。
企業に採用されるには、その会社が求めている能力・性格などがあるというのを自己アピールで伝えなければなりません。
ではここでアピールの仕方や企業が求めてるものを知りましょう。

就職活動で採用されるには1,相性が重要

handshake-526408_640

就職希望者に対して採用活動を行っている会社は、入社後、社員たちと協調して働ける人材を求めています。そのため、選考においては、会社との相性を重要視しています。例えば、面接の際に価値観や考え方を調べるための質問をして会社の方針とあっているか確かめたりします。また、会社説明会やOB訪問、リクルーター面接において社員と仲良くできているかチェックしたりもしています。

●相性の良さのアピールには企業分析が必須

就職活動で採用を得るためにも、その会社で働いている社員はどんな性格の人が多いのか、会社の社風や哲学がどうなっているか早めに調べておくべきです。
その上で、その会社と自分との共通点をリストアップしておけば、自分から相性の良さをアピールしていけるはずです。

就職活動で採用されるには2,能力も重要

“会社は事業を成功させ利益を出すことを目的に活動しています。
そのため、採用活動においては、就職希望者が入社後に活躍できそうかどうかをチェックしています。
資格や学歴など客観的に能力をアピールできる材料がある人のほうが採用されやすいです。

●就職先との相性も考慮して能力をアピール

いくら能力が高くても、その会社で行っている事業と関係の無い能力ばかりでは意味がありません。
例えば、英語が得意だとしても、国内向けの事業しかしていない会社ではあまり能力は活かせません。
その場合は、むしろ、日本人同士でチームワークを活かして何かを成し遂げた体験をアピールしたほうが採用されやすいです。

就職活動で採用されるには3,熱意も重要

会社との相性が抜群で能力が高くても、その会社に就職したいという熱意が感じられない就職希望者に対しては採用担当者も内定を出したがりません。
内定を出しても、別な会社に就職されてしまって、採用スケジュールが狂うリスクがあるためです。

●熱意のアピールにはOB訪問とインターンが効果的

面接で志望順位を問われたときに「御社が第一志望です」と答えるのは当然なので、それだけでは熱意のアピールとしては不十分です。
就職活動の初期段階から、OB訪問をしたり、インターンに参加したりして、具体的に行動で熱意をアピールするべきです。
また、面接の際に、幼い頃からその会社に興味を持っていたというエピソードを語るのも効果的です。

就職活動で採用されるには相性・能力・熱意が重要

相性、能力、熱意の3つのうち、どれかひとつが欠けているだけでも採用されなくなります。就職活動ではそれらを自ら積極的にアピールしていく姿勢が必要になります。

相性の良さをアピールするには、企業分析が欠かせません。会社の社風、哲学で共感できる部分を探しておきましょう。
能力の高さをアピールするには資格や学歴など客観的なデータが有効です。就職先の会社の事業内容と関連する能力をアピールできるとベストです。
熱意のアピールには、早期からの行動が重要です。情報収集をしっかりと行い、興味のある会社に対して、インターンやOB訪問を積極的に行っておきましょう。

以上のようなアピールをすれば、きっと採用が勝ち取れるはずです。