就職活動で資格を習得した方が有利な理由とは | 新卒就活.com

2016/08/29更新

就職活動で資格を習得した方が有利な理由とは

就職活動で資格を習得した方が有利な理由とは何でしょうか。
この理由を知っておけば、採用企業の対策にも繋がります。
そして、今後の時間の使い方としてどんな資格を取得したら良いのか、を考える必要も出て来ます。

第一希望の企業に入社するためにも、理由をしっておきましょう。

学生の内に資格を取得しておこう

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

就職活動を始めると履歴書を書いたり、面接に行ったりと中々時間がないものです。

出来れば学生の内に資格を取得しておきましょう。

本屋に行けば、資格一覧の本やインターネットで検索をすればいくらでも資格は出てきます。

その中でも自分の好きな資格や就職に有利な資格を取得するようにしましょう。

◆その企業に関係のある資格を選ぼう!◆

まずはその企業に関係がある資格です。商社ならば英語の資格でしょう。英検やTOEICなどがいいでしょう。

IT系の企業であれば、マイクロソフト認定試験などになります。また、企業の部署で資格を選ぶのもいいのです。

法務部であれば弁護士や司法書士。秘書になりたければ秘書検定などの資格がいいでしょう。

◆企業に関係がなくても履歴書に書けるような資格取得を◆

たとえ、全くその企業に関係がない資格でも、持っていると採用担当者は気になるものです。履歴書に書くことができる資格を取得して面接の時に聞かれた際にはきちんと答えられるようにしましょう。

運転免許証も立派な資格なのです。営業などは運転免許の資格があるのは必須です。しっかりとひとつの事を成し遂げられるという証明にもなります。

通信講座などもありますので、時間があるときに就職に有利な資格を取るようにしたいですね。

資格を取得した方がいい理由

 
資格を取得する理由は人それぞれです。

理由として、単純にその分野の資格が好きだから資格を取得する人もいるでしょうし、就職に資格を持っていたほうが有利だからという人もいるでしょう。

資格には取得が簡単なものから難しいものまで様々なものがあります。

まずは、資格を取得しやすいものから取るようにして、その後難しい資格にチャレンジをするようにしましょう。

◆資格があれば独立開業にも◆

資格習得があった方が良い理由として、資格を持っておくとその後の独立開業につながることもあります。

大企業の正社員でもリストラされる時代なので、資格を取得しておくに越したことはないのです。

独立開業をし易い資格は、行政書士や司法書士、弁護士や、FPなどの資格が独立開業をし易いと言われています。

就職のことだけではなくリストラをされた時の事を考えて資格を取得したいですね。

就職活動で資格を取得した方が良い理由とは今後のアピールに繋がるから!

就職活動で資格を取得した方が良い理由とは今後のアピールに繋がるからです。

資格を取得する理由について見てきましたがいかがでしたか?

中々仕事がない時代なので、資格を取得しておくことは非常にメリットになります。
どのような資格でもいいので、取得しておくと就職に有利になるのは間違いありません。

出来れば自分が働きたい企業に関係している資格がいいでしょう。