就職活動における合同説明会の役割とは | 新卒就活.com

2015/11/11更新

就職活動における合同説明会の役割とは

就職活動における合同説明会の役割についてご紹介します。
就職活動の情報解禁後、初めてスーツを着るのは合同説明会という人が多いと思います。
合同説明会とはどのようなものなのか?気をつけるべきことは?…就職活動が始まったばかりで分からないことばかりの就活生のために、みてきこうと思います。

就職活動における合同説明会について

cc-library010008016
合同説明会はその名の通り、様々な企業が「合同」で「説明会」を行う場です。
就職活動には説明会がつきものですが、それを合同で行います。
時間が指定され、企業が一斉に説明をスタート。
気になるところの説明を聞きに行く、といったパターンが多いと思います。

~業界混合のものと特定の業界が集まる二種類の合同説明会がある~

まず大きく分けて2種類の合同説明会があります。
一つは、様々な業界混合のもの。もう一つは、特定の業界のみのものです。
前者は就職活動支援サイトなどが中心に開催してくれます。さらに細かい括りだと、学外と学内の2種類の合同説明会があります。学内の合同説明会は自分の大学に企業が集まる方法で行われます。企業側から来てくれるので参加しやすく、便利です。

就職活動での合同説明会へ参加するメリットとは?

就職活動を行うにあたり、合同説明会は必ずしも参加しなくて良いものですが、メリットは何と言っても多くの企業と出会えることでしょう。
業界混合型であれば、自分の興味のある業界はどこなのかを探すことができます。
特定の業界のみで開催されるものは企業を具体的に探すことができます。
また、合同説明会は就職活動の初めの方に行われることが多いです。
早い時期から動くことになるので、同じくやる気のある就活生に刺激を受けることもできます。

~多くの企業に出会える+刺激を受ける~

まず、紙とペンは必ず用意しましょう。ただ聞いているだけでは印象が悪いです。メモくらいは取ったほうが良いでしょう。質問は積極的に行います。就職活動は顔を覚えてもらった人が有利になります。

就職活動における合同説明会の活用方法について

就職活動をするにあたっての志望業界が決まっていない方は、ぜひとも参加してください。
色々な業界に触れられるのはこの場しかありません。
企業探しというよりは、業界探しを目的とした方が良いでしょう。
特定の業界のみで行われるものは、どちらでも構いません。
視野を広げたい人、選択肢を増やしたい人は参加してみても良いと思います。

~学内の合同説明会は大まかな説明しか聞けないので注意!~

また、学内で行われる合同説明会があります。
これは企業側が大学まで来て説明会を行ってくれるものです。
言い換えれば、その大学の学生を欲しい企業が集まります。参加した方が得かもしれません。
企業説明会と違い大まかな説明しか聞けないことがデメリットです。
選考に進みたい人は再度企業独自の説明会に参加しなければならないことがあるという点にも注意です。
エントリーシート提出日の前など、就職活動の妨げになる場合も参加は避けましょう。

就職活動における合同説明会は視野や選択肢を広げるチャンス!

合同説明会は多くの企業と出会えるチャンスです。
就職活動が始まってすぐの時期に行われるので、雰囲気を味わう意味でも一度参加してみるとよいかもしれません。
就職活動に大事なのは慣れです。早く行動して慣れた人が、勝利をつかむのです。