併願はOK?就職活動における学校推薦のメリット・デメリット | 新卒就活.com

2016/09/01更新

併願はOK?就職活動における学校推薦のメリット・デメリット

就職活動における学校推薦のメリット・デメリットをお教えします。就職活動には学校推薦があることを知っていましたか。

学校推薦を受けて就職すれば、就職活動をスムーズに進める事が出来ます。就活生は効率的に就活を進めるために、チェックしておきましょう。

就職活動における学校推薦のメリットとは

0d4423b3705f49775cc617802d6ad684_s

学校推薦のメリットとは、推薦状は学校や教授が発行してくれる保証書のようなもので、この学生は非常に優秀で御社を強く志望しており、入社してから活
躍するのは間違いありませんと言ってもらっているようなものです。

学校や教授と企業との信頼関係で成り立っていて、自由応募とは違って競争倍率が上がることもありません。

また、自由応募を比較して選考試験の回数が少ないといった点も、忙しい就職活動中の学生にとってメリットでしょう。

~他の学生よりも有利に就職活動を進めることができる~

しかし、推薦枠からの応募であっても、あと一歩という段階で不採用になることもあります。

理由は色々あるのですが、自由応募で勝ち上がってきた就職活動中の学生と比べますと、面接慣れをしていないので、志望動機が弱かったり、自分のことを
うまく伝えられなかったりということがあるようです。

なので学校推薦とは言っても、受験する企業のことは前もって調べておいて面接で熱意を伝えられるようにしておきましょう。

就職活動で学校推薦と自由応募の併用はできるのか

また、自由応募と学校推薦の併願を考える企業側としては、受験は一回としている場合が多いようです。
就職活動中の学生が、自由応募で受けた会社で不採用になった場合に、学校推薦枠で再度受験できるかどうかはその会社に聞いてみるといいでしょう。

なお、自由応募で受験しても、途中から学校推薦に切り替えるように会社の方から言われることもあります。

~学校推薦に関しては就職課に聞いてみること~

また、いくつかの企業を受験する場合には、本命の企業を学校推薦で受験し、それ以外の会社を自由応募でエントリーするという方法もあります。
ただ、併願についての考え方というのは大学によって違いますし、推薦の種類によては併願出来ない場合があるので、就職課などに問い合わせてみましょう。

学校推薦におけるデメリットとは

fcc9f346bf9801a9a12f000c80e7081d_s

就職活動の際に学校推薦のデメリットとは、推薦枠を使っての入社というのは責任が重いということです。

推薦を出した学校を信じて採用するわけなので、内定辞退はトラブルになりかねません。
また、推薦は一回出すとその企業の合否の結果が決まるまでは他の会社への推薦は貰えないことになっています。

~学校推薦を使っての入社は責任が重い!!~

もし万が一内定がもらえなかった場合には、その時点で他の会社の推薦枠があるかどうか分かりませんし、途中から自由応募への切り替えは可能ですが、準備など負担が重くなるでしょう。

また、学校推薦であっても不採用になる場合があるので、企業研究や面接の準備などを全くせずに選考に臨むのはリスクが高すぎます。
就職サイトには選考対策のコンテンツが多く掲載されているので、そういったものを利用するのもいいでしょう。

就職活動における学校推薦のメリットは他の学生よりも有利に進められること!!デメリットは責任が重いこと

学校推薦と一言で言っても、メリットだけではないということがお分かりになって頂けましたか?

学校推薦というのはいわば先生や学校から保証書を発行されているようなもので、いったん会社に入ってしまうとその責任は重大です。

自分の仕事ぶりによって、後輩がその企業への学校推薦を貰えるかどうかにもかかってきます。ですので、学校推薦で就職を決める際には慎重に就職活動を進めていきたいものですね。

また、万が一学校推薦で不採用になったとしても、自由応募で再度チャレンジすることも出来るので、もしダメであっても決してあきらめることなく、チャレンジしてみて欲しいものです。

ぜひ上で書いたことをご参考にしてみて下さい!